毎朝10秒!体重がストンと落ちる「痩せやすいアノ時期」を知る方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事制限に運動など、いくらダイエットに励んでも一向に痩せない……そんな経験はありませんか? ひょっとすると原因は女性ホルモンにある可能性が。

女性にはひと月のうち、女性ホルモンの関係で“痩せにくい時期”と“痩せやすい時期”が存在します。痩せやすい時期を知り、集中的にダイエットに励むことが成功への近道です!

そこで今回は、女性のホルモンバランスと痩せやすい時期を知る方法をご紹介します。

 

■肌荒れ、イライラ、体重増加…ホルモンバランスが原因かも!

女性は排卵・月経の周期にともない、ひと月の間に女性のホルモンバランスは大きく変化します。特に女性に深く関わるのが、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモン。

エストロゲンは、月経が終わるころから排卵日までの間に多く分泌され、この時期は肌や心の調子もよく、ひと月の間で痩せやすい時期だと言われています。

一方、排卵日後から月経にかけて多く分泌されるプロゲステロンは、女性にとって憂鬱だと感じる以下のようなカラダの不調を引き起こします。

(1)体重増加、むくみ

体が水分を取り込もうとするのでむくみやすく、一時的に体重が増える傾向に。ダイエットをしても痩せにくい時期。

(2)肌荒れ

ニキビや吹き出物など、肌荒れしやすくなる。

(3)気持ちの落ち込み、イライラ

イライラしやすく、何をしても上手くいかないと落ち込みがちに。

「月経前はイライラする、むくむ」といった体の変化を実感している人も多いのではないでしょうか。ホルモンバランスを知ることは、痩せやすい時期を把握するだけでなく、体調管理やメンタルの変化を把握することにもつながります。また、女性ホルモンの低下が太りやすさの原因になっていることも。

エストロゲンは30代の前半をピークに、その後徐々に下がりはじめます。下がり方には個人差がありますが、ストレスなどの影響で現代女性のホルモンバランスは乱れがちです。

ホルモンバランスや自分のリズムチェックするためにも実践したいのが“基礎体温”を毎日チェックするということ。基礎体温は女性ホルモンのバロメーターとなります。習慣にすることで、排卵日・月経の周期を把握しやすくなり、自分のカラダのリズムを知ることができます!

 

■毎朝たった10秒でOK!アプリ管理も簡単な婦人用体温計

今回筆者が使用したのはオムロン婦人用電子体温計『MC-652LC』。正直、筆者も今まで何度となく基礎体温をつけることにチャレンジしてきたものの、朝になると面倒くさくて挫折してしまったことも……。

そんな筆者が試してみたところ、まず驚いたのがなんと10秒で検温できるということ! 二度寝する暇もないほどの短時間で検温が完了。これならベッドサイドに置いて毎日続けられると感じました。

オムロン婦人用電子体温計『MC-652LC』は口にくわえて10秒待つだけで、検温開始からの体温の上がり方を分析、演算し、5分後の体温まで予測できるのです。たった10秒でOKなので、ギリギリまで寝ていたいという忙しい女子にもピッタリ。

そして、通信機能を搭載しているので検温データはiPhone/NFC対応のAndroidスマートフォンへ簡単に転送することができます。無料アプリ『リズムノート』に基礎体温データを転送することで検温値をグラフで確認でき、排卵の周期も一目瞭然!

 

基礎体温を把握して自分のカラダのリズムを知り、心と体のセルフケアをすることで将来妊娠しやすいカラダ作りにもつながります。毎朝たった10秒でできるので、是非試してみてくださいね。

 

【参考】

婦人用電子体温計 MC-652LC – オムロン