今すぐ着たい!「春色チョイ寒めトップス」でもOKな防寒コーデ2選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暦の上では春を迎えていても、まだまだ朝晩は寒さ厳しい3月半ば。春らしい服を着たいけれど、実際は寒すぎて、早々に購入した春服をタンスにしまいこんだままになっている、という方はいませんか? でも、気づいた時にはすっかり暖かくなり、せっかくの春服の出番が短くなってしまうという恐れが……。

そこで今回は、スタイリストの筆者が、3月の寒い日でも春服を着て、凍えずに乗り切るための防寒アイテムをご紹介します。

 

■1:ユニクロのヒートテック半袖

今ちょうど店頭で最も賑わいを見せているトップスといえば、コットンニット。白はもちろん淡い色はとても春らしいですよね。すぐにでも着たいけれど冬並みの寒さに耐え切れず、やっぱりウールのニットに戻ってしまうことってよくあるはず。

そこでコットンニットのインナーには、ユニクロのヒートテック半袖、もしくはキャミソール型の白を忍ばすのがおすすめです。白や淡い色から黒々とした冬色インナーの色が透けてしまったり、短めの袖の脇からちらっと冬色インナーの袖が見えてしまったりということもなく、ニットやカットソーの印象を守りつつ、しっかり防寒してくれます。

わざとインナー色を見せる着こなし以外のチラ見えは、大人のファッションとしてだらしなく感じられることが。清潔感のある白でだらしなさをも一掃して。

 

■2:薄手のダウンベスト

Gジャンに、トレンチコート、スタジャン……と春のアウターはとにかく可愛く、様々なアイテムとのレイヤードファッションを楽しむのもまた醍醐味ですよね。でもやっぱり冬並みの寒さには、これらの春アウターの上からもう一枚アウターを重ねたい衝動に駆られたくなることでしょう。

そこでこれら春アウターのインナーには、ダウンベストの薄手のタイプを忍ばすのがおすすめです。ダウンの暖かさは真冬のダウンコートやダウンジャケットで充分すぎるほど知っていると思いますが、ダウンをアウターでがっつり着てしまうと、そこには春らしさのかけらもなく、冬を思わすファッションになってしまいますよね。

そこであえて春アウターのインナー使いにはダウンベストを! 着まわし力が高い白が最もおすすめですが、なければコーディネートのスパイスにもなる春色が一押し。防寒対策しながら、春アウターの可愛らしさを充分楽しめます。

 

上記のどちらもおすすめカラーは白。汚れを気にしがちな方も、防寒しながら春服を楽しみたいならぜひこれらアイテム、白で挑戦してみてくださいね。

 

【関連記事】

目元に桃の色香!ブームの「ドファサルメイク」で印象的美女に

※ 顔デカっ…て言わせない!旬のボトルネック「小顔着こなしテク」

だからダサイ!「ミモレ丈でスタイル8割増しにする」コーデの掟4つ

「バーガンディ」…?今知っておきたい最新オシャレワード5つ

NG巻きしてない?1分で「こなれ感」が出るスカーフの巻き方

 

【姉妹サイト】

※ 彼の本気度を試せる!? いま「彼カジ」ファッションがブームの兆し

※ あっ目の下にクマが!働き女子を悩ます「プチ不眠症」改善のコツ5つ