曖昧な人多数!地中海ヘルシー美女の常識「オリーブオイル使い分け」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暖かくなってきて嬉しい反面、ボディラインが気になる季節になってきましたね。食生活を改めたい、と思っている方も多いのではないでしょうか。

世界中には様々なダイエット方法がありますが、今回は地中海エリアに数千年にわたって伝わる“地中海ダイエット”についてご紹介したいと思います。ポイントとなるのは、私たち日本人にとってもすっかりおなじみになった、あのオイルです……。

 

■地中海美女流・オリーブオイルの使い分け

海外美容サイトの『The Beauty Magazine』によると、地中海ダイエットの“ダイエット”は、“食事法”という意味。そして地中海地方の食事に欠かせないもの、といえばオリーブオイルですよね。

『美レンジャー』の過去記事「ツヤツヤ美人になれる!オリーブオイル“簡単ちょい足し”レシピ」でもご紹介している通り、オリーブオイルの健康効果は非常に高く、女性にとって嬉しい効果が期待できます。

そんなオリーブオイルは、使い分けることで、もっと美味しく取り入れることができます。

国際オリーブ協会(IOC)の規定によると、オリーブオイルは、酸度などに基づく規定によって種類が細かく分類されています。その中でも、地中海ダイエットでもよく使われるのはエキストラヴァージンオリーブオイルと、ヴァージンオリーブオイルの2つ。

前者のエキストラヴァージンオリーブオイルは、調理後の料理の味や香りづけとして上からかけるのが定番の使い方だそう。後者のヴァージンオリーブオイルは、シーフードや野菜を蒸したり、焼いたりする際に使うそうです。

アボカドや野菜を大きめに切ってヴァージンオリーブオイルで表面に焦げ目が出来る程度に焼き、塩こしょうで味付けをすれば、お野菜をステーキ風に調理することができますよ。

 

■チョイ足しで満足感アップのダイエットスープ

スープにエキストラヴァージンオリーブオイルを足すと、コクが出て、満足感が高まります。そこで、筆者が作っているダイエットスープのメニューをご紹介します。

まず、セロリ2分の1本を1口程度の大きさに切ります。その後、鍋に豆乳と鶏がらスープの素とお好みで塩を適量入れます。スープが温まってきたら、セロリを入れてひと煮立ちさせます。

完成直前に、エキストラヴァージンオリーブオイルを大さじ1杯程度かけて、コクと風味を足します。セロリの茹で時間を短めにし、シャキシャキ感を残すなど、自分好みにアレンジするのもおすすめです。とっても簡単なレシピですが、豆乳の甘さと、オリーブオイルのコクで満足感が得られるスープなので是非試してみてくださいね。

 

いかがでしたか。なんとなくオリーブオイルを使っているという方は、ぜひ、使い分けをしながら、美味しい食事を楽しみ、スリムなボディラインを手にいれちゃいましょう。

 

【関連記事】

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

美肌どころかシミの要因!? 知らないとマズイ「野菜の摂り方」3つ

※ 神が与えた食物!? 一日一粒で「痩せ体質になる」とっておきの果物

※ フルーツも要注意!朝食べると「シミができやすく」なる食べ物とは

 

【姉妹サイト】

※ すっごく簡単!「コアを鍛えて姿勢美人になる」働き女子の小さな習慣3つ

※ ゆで過ぎ&水洗いNG!ブロッコリーの栄養を逃さない意外なコツ

 

【参考】

Rashida K. Reidel cooking expert, explains why the mediterranean diet is so healthy! – The Beauty Magazine

International Olive Council – Designations and definitions of olive oils