女の目は厳しい!? 肌老化が気になるのは「同性に会う時」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にとって、若さを保つことは一番の関心事ですよね。はたして女性たちは自分の見た目年齢に満足しているのでしょうか? 『エイジング』に関する意識と実態について、興味深い調査結果がありましたのでご紹介します。

 

■自分の“見た目年齢”に満足している女性は、わずか2割!

この調査は、東京・六本木の聖心美容外科(※)が30~69歳の女性400名を対象に行ったもの。女性たちの若さに対する意識や、エイジングケアの実態が明らかになりました。

まず、『今の見た目年齢』への満足度を聞いたところ、『満足』と答えた女性はわずか18%という結果に。多くの女性が今の自分の見た目年齢に不満があるようで、『4~6歳若返りたい』と回答した女性は37%、『7歳以上若返りたい』という女性も26%にのぼりました。やはり女性は、若返りに貪欲です!

また、「自分が最も気になっている加齢の症状は何ですか?」という質問には、『たるみ』(26%)、『シミ』(24%)、『肌の質感』(23%)という回答が上位にあがりました。年代別にみると、30代・40代では『シミ』(30代:36%、40代:26%)が最も多い回答であった一方、50代・60代では『たるみ』(50代:32%、60代:31%)がトップに。年代が上がるにつれ、気になる加齢の症状も変化していることがうかがえます。

 

■“見た目年齢”が気になるのは『異性に会う時』よりも『同性の友人に会う時』!

つづいて、『自分の顔で年齢を感じる部位』を聞いたところ、以下のような結果となりました。

1位 『ほうれい線』・・・62%
2位 『目の下』・・・48%
3位 『あご下』・・・40%
4位 『口まわり(唇、口角など)』・・・38%

ちなみに、『他人(自分以外の女性)を見て、顔で年齢を感じる部位』としては、『ほうれい線』(81%)のほか、『目尻』(66%)、「目の下」(53%)などが多い結果に。『目もと』や『口もと』に年齢があらわれると感じる女性が多いことがわかりました。

そして、「自分の見た目年齢が気になるシーンはどんなときですか?」という質問には、『昔の友人に久しぶりに会う』(68%)のほか、『同級生(同性)に会う』(65%)、『年下の友人(同性)と会う』(55%)などが多い結果になり、『同級生(異性)に会う』(48%)、『年下の友人(異性)と会う』(38%)を上回りました。

異性よりも同性の目が気になるという女性が多いようです。同窓会はまさに“勝負の場”!?

さらに、『見た目の老化が気になるきっかけとなったエピソード』を聞くと、「起きた時に顔についた枕の跡や、昼寝後のクッションの縫い目が顔にいつまでも残る(42歳・愛知県)」、「電車の窓に映った自分の顔を見たときに、しわが大変目立ち、ショックだった(49歳・静岡県)」など日常におけるふとした瞬間を挙げるコメントのほか、「息子に目の下にクマができていると指摘された(55歳・北海道)」、「夫が私の顔を見て、『老けたな』と言った(62歳・京都府)」など、他人から指摘されて老化を意識したというコメントが多く寄せられたそうです。

 

しわやたるみなど、加齢が原因と考えられる変化は誰にでも起こりうるもの。かといって「年だから仕方がない……」とあきらめたくはないですよね! できる限り老化を食い止めて、美しく年を重ねるにはどうしたらよいのでしょうか?

次回の記事では、上記の調査結果をふまえた“見た目年齢対策”のポイント3つをお届けします!

 

【参考】

『聖心美容外科』公式サイト