ぐぅの音も出ない!米トレーナー指摘「その運動では痩せない理由」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どれだけ頑張っても、なかなか痩せない……」。ダイエットの経験がある人なら、一度はそんな思いをしたことがはるはず。

しかし痩せるためには、努力だけではなく、きちんとしたコツも重要。頑張っても痩せない時には、もしかしたらその方法が間違っているのかもしれません。

そこで今回は、美容サイト『BYRDIE』で紹介された米有名トレーナー、Dolvett Quince氏の記事を基に、ダイエット時にやりがちなNG項目をお伝えします。

 

■1:フォームが間違っている

Dolvett氏曰く、多くの人がやってしまう間違いは「フォームにある」とのこと。実際、運動を行っている際は身体を動かせばいい、とただ動かすことに集中しがちになります。しかし間違ったフォームで行っていれば、効果は激減、しかも怪我につながってしまうこともあります。

特に間違いやすいのが、スクワット。ただヒザを曲げるのではなく、ヒザの角度や向きにも気を配りましょう。

 

■2:運動ばかりで食事には気を遣わない

運動したからといって、ピザやアイスクリームなどを好きなだけ食べても太らないというワケではありません。痩せるためには運動、そして食事制限も必要です。

特に重要なのがプロテインの摂り方。筋肉を作る要となるプロテインは、多く摂れば摂るほどいい、と思われがちですが、実際は摂取し過ぎてしまうと予備のエネルギーとして体脂肪に変わってしまうといいます。栄養素も、食事量も偏ることのないようにしましょう。

 

■3:ぽっこりお腹は運動で解消できると思っている

年齢を重ねると出てくるぽっこりお腹。腹筋すれば真っ平らになると思っていませんか? 実は運動だけでは、完全に各パーツを引き締めることはできません。しかも下腹部のふくらみは、便秘やむくみからも引き起こされます。そのため運動だけでなく、普段の食事のなかで食物繊維とお水をより多く摂ることで、解消していきましょう。

 

■4:同じ動きをずっと繰り返している

運動は一度に長時間行うよりも、ちょっとの時間でも毎日行うのが効果的です。そしてさらに効果的なのは、そのちょっとの間に行う運動を、単調なものではなく、マルチに効く運動にしたり、別の運動を加えてみたりすること。

例えば、1回腹筋をする毎にダンベルを持ち上げる運動も加えます。するとお腹だけでなく背筋や腕エクササイズにもなります。時間が10分しかない、などと時間がない時はとにかくたくさんの動きをして、あらゆるパーツの筋肉を鍛えるようにしましょう。

 

今年こそは痩せようと頑張ったのに、なかなか効果が出ずに諦めてしまった方、挫け気味な方は是非参考にしてみて下さいね。

 

【関連記事】

※ 祝21㎏減!不摂生「危険ボディ」彦摩呂を救ったダイエット法とは

テレビ見ながら1日1分!フッフッ…で「くびれ」を作る簡単エクサ

最強の1分朝活!肩甲骨ストレッチで「1日中脂肪が燃えやすい体」に 

貼るだけで痩せちゃうなんて!神がかり的「湿布ダイエット」

※ 2つの動きで上向きヒップ!お尻と太もも「境目くっきり」エクサ

 

【姉妹サイト】

※ 彼も隠してる!? 「恋人へのごめんランキング」3位は浮気、2位1位は

※ まさに今!新年度までに「ダイエットを成功させる」春だけの秘訣とは

 

【参考】

※ A ‘Biggest Loser’ Coach Shares His Top Fitness and Food Rules – BYRDIE