思わず飲みたくなっちゃう!? 「コーヒーの美容・健康効果」まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほっと一息したいとき、みなさんは何を飲んでいますか? なるべくカフェインを摂らないように、コーヒーを避けている方も少なくないかもしれません。

でも実は、コーヒーには体にうれしい効果がたくさんあるようです!

今回は『美レンジャー』の過去記事から、知らないと損するコーヒーの美容健康効果についてまとめました。

 

■1:エイジングケア効果

過去記事「実はコーヒーが“老化の原因をなくしてくれる”と判明!」で紹介したように、コーヒーにはカフェインやカフェ酸、クエン酸などの他に、“クロロゲン酸”というポリフェノールの一種が含まれています。このクロロゲン酸には、老化の原因である“活性酸素”を抑えてくれる効果が。

他にも、善玉コレステロールの機能を高めるはたらきがあり、動脈硬化予防にも期待できます。クロロゲン酸は、深煎りするほど減少してしまうという研究があるので、浅めに入れるのがおすすめです。

 

■2:ダイエット効果

「“コーヒーは体に悪い”は誤解だった!驚くべき健康効果3つ」の記事では、コーヒーのダイエット効果について解説しています。

さまざまな研究で明らかになっているのが、カフェインは脂肪細胞を分解する酵素を発生させ、その影響で脂肪細胞が消費しやすい状態になるということ。結果、体内に溜まっていた脂肪細胞が運動などによって効率的に消費され、痩せやすくなるというわけです。

 

■3:うつリスクを軽減!?

「1日に4杯のコーヒーで“うつリスク”下がることが明らかに」では、うつとコーヒーの関係にフォーカスしました。同記事で紹介したように、5万人以上の看護婦を対象に長年行われてきた研究の結果、1日に平均4杯のコーヒーを口にする女性は、ほとんどコーヒーを飲まない女性よりも、20パーセントもうつになるリスクが低いことが判明。

仕事や家庭の悩みなど、考え込んでしまいがちな方にもコーヒーはおすすめなんですね。ただし、抗うつ剤を服用中の方は控えてください。

 

■4:栄養価が高いマヤナッツコーヒー

妊産婦の方などカフェインを避けたい方は、「ノンカフェインでコーヒーを凌ぐ健康パワーの●●コーヒーって何?」で紹介した“マヤナッツコーヒー”がおすすめ。

マヤナッツは中米の森に自生するスーパーフードで、ナッツなのに低脂肪なのが特徴。必須アミノ酸のトリプトファンが豊富なので、ストレスや緊張、睡眠障害にもよいと言われています。他にも食物繊維、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質がたっぷり。エイジングケア、デトックス、冷え、疲れが気になる方にもおすすめです。

 

コーヒーを飲むだけで、さまざまな美容・健康効果が期待できることがわかったと思います。もちろん飲みすぎは厳禁ですが、これまでコーヒーを避けてきた方も、適度に飲んでみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【姉妹サイト】

※ 男子キュン!お花見モテ子になれる「手料理」2位は唐揚げ、1位は

※ ダイエット効果も!栄養士が指南する「毎日食べたいデトックス食材」4つ