春からジム通いしたい人必読!「途中で挫折しない」ための確認事項5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

新しい季節は習い事を始めるのに最適なシーズン。スポーツジムに通おうと思っている方もいるでしょう。でも、スポーツジムに入ったはいいけれど、途中で挫折してしまう人が多いのも事実。

そうならずに、ジム通いを継続していくためには、どんなところをチェックして選ぶべきなのでしょうか。

 

1:通いやすい場所にあるか?

ジム選びで最も大切なのが、場所。普段は行かないような遠い場所のジムは、どうしても面倒になって行かなくなってしまう確率が高くなります。自宅の近くや会社の近くなど、ジムに用事が無くても普段から出かける場所の近辺で探すのが鉄則です。

 

2:施設の充実度と混み具合

ジムによって、施設の大きさや内容はかなり異なってきます。自分がやりたいと思うものが揃っているか、さらに自分が通う時間帯でどのくらい混んでいるかも、予め問い合わせたり、見学させてもらったりしてチェックするべき。入会しても満足のできる運動ができなかったら意味がありません。

 

3:参加したいプログラムがあるか?

ほとんどのジムで、さまざまなレッスンをインストラクターから受けられる“クラス”が設けられています。クラスのスケジュールは入会前に必ずチェックして、自分が通える時間帯に行われているか調べておきましょう。

 

4:キレイなロッカールームか?

ジムに行くことになったら、絶対に毎回使うのがロッカールームやパウダールーム。ここが清潔でキレイな空間でないなら、通う気も失せてしまうものです。髪の毛が落ちていたり、汚くなっていたりしないか、入会前に見学させてもらうのも一つの方法です。

 

5:月額費が妥当か?

入会費と月額費用もやはりチェックすべき項目。ここで大事なのは、“安すぎず高すぎない”妥当な価格であるか、ということ。高すぎると毎月の家計を圧迫することになりますし、安すぎると「どうせ安いから行かなくてもいいか」となってしまいがちです。

億劫になったときでも「毎月お金を払っているんだからモトを取らなくっちゃ」と思える程度の金額が、ジムを続ける小さなコツです。

 

なんとなく選んであっという間に退会しないように、ぜひこれらを見極めて、最適なジムを見つけるようにしてくださいね。

 
【関連記事】

※ たった一杯で!脂肪燃焼に雲泥の差「運動前に飲むべき」はこの3つ

※ 飲み過ぎ危険!意外と知らない「スポーツドリンク」の落とし穴

※ 知らないと危険!「間違った有酸素運動」で太りやすくなる理由

※ 数kcalを笑うな!階段昇りには「ジョギング並みの運動効果」

※ 寝る前1分で超簡単!体ポカポカぐっすり眠れる「耳マッサージ」

 

【姉妹サイト】

※ たった4つ!成功者に共通する「ビジネスで成功する」ための大切な条件

※ 女性500人に聞いた!本当に効果があった「ガンコな便秘」解消法とは