北川景子から彦摩呂まで!これは使える「有名人の美の秘訣」まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ため息が漏れるほどの美脚の持ち主・長澤まさみさんや、女性が選ぶ“なりたい顔”のランキング等では上位にランクイン、仕事に恋に絶好調なスリム美人・北川景子さん。彼女たちに憧れる女性は本当に多いですよね。

そこで今回は、有名人が実践しているダイエット法を集めてみました。彼女(彼)たちの美の秘訣とは、一体何なのでしょうか。

 

■1:長澤まさみの“美ボディ”は、温めて作る

小顔で長身、そして日本人離れした美脚の持ち主・長澤まさみさんの美の秘訣は、“体を温めること”なのだそう。これは、過去記事の「長澤まさみも実践!時短で手間もなし“スッと痩せる”飲む美容法」で紹介している“白湯”とも関係があるのではないでしょうか。

なんでも、白湯を飲むことで体の内側の内臓が温まり、新陳代謝がUP。脂肪が燃焼されやすくなったり、胃が温まって消化が促され、体にたまった毒素が尿・便として排出されてデトックス効果が高まったりするのだそう。それだけではなく、副交感神経が刺激されて、リラックス効果を得ることができるといいます。

白湯を飲んで、体を温めて、長澤まさみボディに近付いちゃいましょう。

 

■2:北川景子流ダイエットは、我慢知らずな一日9食!?

「“北川景子流ダイエット”は一日9食!食べても痩せる理由とは」では、華奢なスタイルで女性に人気の北川景子さんが実践しているダイエット法を紹介しています。

一般的に、ダイエットというと、“食事回数を減らす”ことを考えがちですが、これでは体が飢餓状態になり、“エネルギーが足りていない状態”だと判断されてしまいます。その結果、体はエネルギーを蓄えようと、脂肪を溜め込んでしまうのだそう……。

つまり、北川さんが実践しているように、食事の回数は減らさない方がいいというわけなのです。人間の体は、食事をすると代謝が上がるようにできています。代謝が上がると脂肪が燃焼し、痩せやすくなります。一日の中で代謝が高い時間を増やし、太りにくく、痩せやすい体作りをサポートするためには、食事は数回に分けて摂るのが良さそうですね。

 

■3:倖田來未は16キロ減に成功!鍋で痩せるコツ

出産後、16キロの減量に成功したことで話題になった倖田來未さんが実践したのは、“鍋ダイエット”。「倖田來未も16キロ減量!お鍋でスルリと痩せるちょっとしたコツ5つ」でもお伝えした鍋ダイエットのコツは、下記のとおり。

(1)ゴマダレより、低カロリーなポン酢をチョイス

(2)脂身がついた肉は控える

(3)春雨より、食物繊維が豊富な糸こんにゃくをチョイス

(4)シメは、ご飯より脂を吸いにくいうどんをチョイス

(5)野菜、肉・魚、炭水化物の順に食べる

これなら、簡単に取り入れられそうですよね。鍋を食べるときの参考にしてみては?

 

■4:あのグルメリポーターを救った!低糖質ダイエットとは

さまざまな名言を残してきたグルメリポーターの彦摩呂さんですが、近頃は体重の増加が心配されていましたよね。そんな彼を救ったのが、「祝21kg減!不摂生“危険ボディ”彦摩呂を救ったダイエット法とは」で紹介している“低糖質ダイエット”だったのです。

炭水化物に含まれる糖質の摂取量を約半分に抑えつつ、繊維質の食物を多く摂取するというこのダイエット法は、ご飯やパン、麺類などの主食類、粉もの、いも類、根菜類、かぼちゃ、とうもろこし、果物の摂取量を減らし、肉類、青魚、葉物野菜、大豆食品、アボカド、きのこの摂取量を増やすというのが基本のルール。

本格的に体重を減らしたいという方にオススメのダイエット法ではありますが、トライするときは健康・体調面に留意してくださいね。

 

以上、有名人が痩せたダイエット法をご紹介しました。薄着の季節に向けて、ダイエットをしようと思っている方は、上記のダイエット法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ 2つの動きで上向きヒップ!お尻と太もも「境目くっきり」エクサ

 

【姉妹サイト】

※ 女として完璧!? 日本人女性がアメリカ人男性にモテモテな本当の理由

※ 夜の社内飲み会はもうイヤ!働き女子が「ランチ懇親会」を選ぶ理由4つ

 

【画像】

nandy1030