美容ライターが断言!これは使える「メイクポーチの一軍選手」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんが毎日持ち歩いている、そのメイクポーチ。ここだけの話、ほぼ毎日必ず使うスタメンコスメと、いつ出番が来るか分からないけど……という、二軍コスメに分かれるのでは? そう、女性に多いのが「メイクポーチに何を入れて持ち歩けばいいのか分からない」というお悩みです。

そこで今回は、美容ライターが断言! デキる女のポーチ基本のキをご紹介します。

 

■1:綿棒

目頭に溜まった目ヤニや、マスカラのダマ。下まぶたは、アイメイクがヨレてパンダ状態に……。夕方の女性あるあるですが、その際に持っておきたい便利アイテムが綿棒です。

特に、先が尖ったメイク用のもの、スリムなベビー綿棒は持っておいて損はありません! 外食時にありがちな、「歯についてしまったけれど爪楊枝がない」なんてときも、レスキューアイテムとして活躍してくれますよ。

 

2:ミニ乳液

夕方にもなると、メイクはヨレヨレ、肌は乾燥気味……という方も多いですよね。そんなとき、瞬時にお肌に活力を与えてくれるアイテムが乳液です。

乳液をコットンに取り、ヨレた部分を拭き取ったら、再びベースからやり直します。乳液の保湿成分がお肌を整えてくれるので、ファンデーションのノリが見違えるほどに! お疲れ肌には無理にメイクを重ねるよりも、潔く落としてやり直す方が、断然キレイに仕上がりますよ。

乳液は高価なものでなくてOK。筆者は、ドラッグストアで購入できるプチプラ乳液を、旅行用のミニボトルに詰め替えて持ち歩いています。

 

■3:筆ペンコンシーラー

コンシーラーには、固形状やスティックタイプのものなど、様々なタイプがありますよね。そのなかでも、特に重宝するのが“筆ペン型のリキッドコンシーラー”です。

油分が多く柔らかい形状のリキッドコンシーラーは、目の下のヨレ、くまなど、女性のお直しに多い箇所をカバーするのにピッタリ。また、ファンデーションのリタッチとしても使えるので、1本あるだけで万能アイテムといえます。

 

いかがでしたか? メイクポーチに入れるだけで、明日からのメイク直しが格段に変わる! 頼もしいアイテム達をご紹介しました。ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 花粉に悲鳴!「季節の変わり目敏感肌」に…プロ厳選お助けコスメ3つ

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

※ お得すぎる3選!女子のイラッを解消「お助け100均コスメ」

※ これ絶対イイ!パパッと「お化粧直し」に…100均便利グッズ2選

※ 目元に桃の色香!ブームの「ドファサルメイク」で印象的美女に

 

【姉妹サイト】

※ 痩せないのは汚部屋だから!? 整理整頓とダイエットの意外な関係

※ 新たな職場では要注意!反感を買う「やってはいけないNGメイク」が判明