確かにノーケア!春の紫外線対策「日焼けしやすい意外パーツ」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月も中旬となり、日中はポカポカと気持ちがよくなってきました。日陰と日向とでは、体感温度が変わるがゆえ、日差しを求めて歩いてしまうこの時期。

しかし、春の日差しにも紫外線はあります! 夏はしっかり危機管理していても、春は油断している方が多いのでは?

そこで今回は、意外と見落としてしまいがちな、日焼けしやすい箇所4つをご紹介します。

 

■1:額の生え際

額の生え際は汗をかきやすく、日焼け止めクリームを塗っていても落ちやすい箇所です。おでこを見せているセンター分け前髪さんは特に、頻繁に塗り直すようにしましょう。

 

■2:下あご

日焼けは直射日光だけでなく、アスファルトからの反射焼けもあります。この場合、下あごから紫外線を受けるのですが、意外と塗り落としてる方が多い箇所なので要注意です。

 

■3:首の後ろ

ロングヘアの女性も、暖かくなるとアップヘアにしたり、アレンジヘアを楽しみたくなりますよね。その際、きちんと首の後ろまで日焼け止めクリームを塗れていますか? 正面から見たら気にならないのに、後ろから見たら首が黒い……なんてことにならないように、手が届きにくいところはスプレータイプの日焼け止めを使うなどしましょう。

 

■4:髪の毛

肌が焼けてしまわないように気を配っている方が、意外と見落としがちになっているのが髪の毛。髪ももちろん、日焼けによるダメージを受けています。ヘア専用の日焼け止めスプレーもあるので、美髪キープのためには使用をおすすめします。

 

いかがでしたか? 日差しが気持ちの良い季節だからこそ、春の日差しは落とし穴。見落としがちな箇所も、今からしっかりとUVケアをして、夏まで美白キープしていきましょう。

 

 【関連記事】

※ やっちまった日焼け後に!「食べる日焼け止め」になる最強フード

※ すぐ改善しないとヤバイ!塗っても意味ない日焼け止めのNG使用法

※ 米国女性がやってる「日焼けをなかったこと」にするケア法とは?

※ 都会はまるで巨大日焼けサロン!? ビルによる「反射焼け」の恐怖

※ 見た目年齢が5才は違う!「チークを入れる正しい位置」とは…

 

【姉妹サイト】

※ 当てはまったらハイ次っ!あなたと「絶対結婚しない」男の特徴5つ

※ 怖ッ!転職者に対して周囲が密かに感じている「ダークな疑惑」2つ