美容ライターがこぞって使用!シミに強力アプローチ「○○酸」の正体とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

girl

美しい女性の条件といえば、透き通るように輝く白い肌。年齢を感じさせないエイジレスな肌は、全ての女性が求める理想の肌ですよね。紫外線が強くなり始めるこれからの季節に向けて、まさに今スキンケアに力を入れているという方も多いのではないのでしょうか。

なかでも、注目したいのが美白成分。数ある美白成分のなかから、自分の肌に合うものを見つけるのは至難の業でもあります。

そこで今回は、美容ライターの筆者も注目する美白成分“コウジ酸”をご紹介していきます。

 

■ヒントは杜氏の白い手…13年の年月をかけて生みだされた“コウジ酸”

1960年の創業以来50年にわたって、90種類を超える化粧品成分を開発し、国内だけでなく海外の化粧品会社にも提供してきた三省製薬。そんな化粧品成分開発のパイオニアともいえる三省製薬が美白成分の研究中に着目したのが、“麹(こうじ)”でした。

酒造りをする杜氏の白く澄んだ手にヒントを得て、その秘密を探る研究をスタート。酒の仕込みの過程で麹菌によって生み出されるコウジ酸に美白作用があることを解明し、13年もの年月をかけて美白成分として開発したのです。

1980年の薬事法改正後、厚生労働省が認めた美白成分はわずか20種類。そのなかでも、コウジ酸は有効成分第1号を所得し、誕生から25年以上経った今もなお、国内外からその有効性と安全性は高く評価され続けています。そんなコウジ酸の効果とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

■驚きのスピード感!“コウジ酸”に期待できる効果とは?

(1)メラニンの生成を未然に防ぐ

“コウジ酸”には、「情報伝達物質の産生」「活性酸素の発生」「炎症」の3つの紫外線ダメージを抑制する効果があり、シミの原因となるメラニンの生成を未然に防いで、シミへ発展する前に素早く食い止めます。

また、活性酸素の発生を抑えることで、肌のハリ・ツヤを守る効果も期待できます。

(2)黄ぐすみにアプローチ

近頃よく耳にするようになった“糖化”という言葉。糖化とは、体内のタンパク質と糖が結びついて、「AGEs(エージーイーズ)」という物質になる現象のことをいいます。そして、「AGEs」が体内にたまると、皮膚のたるみやシワ、肌色を黄色くにごらせる“黄ぐすみ”などの老化現象を引き起こしてしまうのです。

しかし、同社の研究によると、コウジ酸には黄ぐすみの原因となる「AGEs」の産生量を抑える働きがあることが明らかに! これは「美白ケアをしても、黄ぐすみが改善されなかった」という方にとって、朗報なのではないでしょうか。

このように、美白肌を目指す女性にとって大変興味深い“コウジ酸”なのですが、スキンケアで手軽に取り入れることができます。その詳細は、下記のとおり。

 

■美容ライターも注目!コウジ酸スキンケアで内側から輝く肌へ

【美レンジャー用】三省製薬_300x500

美容ライターの筆者がおススメする“コウジ酸”配合のスキンケアアイテムは、「デルメッド ホワイトニング クリームI」です。このクリームを、普段のスキンケアの最後に取り入れるだけでも良いのですが、おススメの使用方法はその他の基本のスキンケア4品(美白化粧水・美白美容液・美白乳液・美白化粧下地)と合わせて使うことです。そうすることで、“コウジ酸”の角質層への浸透力がグンとアップします。

今なら初回限定で、なんと8,000円相当を1,800円でお得に試すことができるので、HP等でチェックしてみてはいかがでしょうか。

シミを繰り返さない、輝く明るい素肌のためにも、日本古来の天然成分コウジ酸に着目したスキンケアを取り入れてみませんか。

WS000001

 

【参考】

『デルメッド 美白体験セット』-三省製薬株式会社

※ 研究開発レポート 美白成分・黄ぐすみ防止成分 「コウジ酸」 – 三省製薬株式会社