洗顔は3位!1位は…「すっぴんに自信がある女性」意外な朝習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、会社に出勤して爽やかに「おはよう」と挨拶してくれる人と出会うと、こちらまで何だか爽やかな気分になりますよね。毎日忙しく、朝は自分を構う時間が取れない人も多いと思います。でも、周囲の人に好印象を持ってもらうためには朝の過ごし方がとても重要です。

そこで今回は、ある調査の結果をもとに“朝からキレイな女性”になる秘訣を探ってみたいと思います。

 

■朝の印象がその人の魅力に大きく影響している

1図

朝から肌の調子がよいと気分もよいですよね。オリコンが20~40代の女性600人に対して行った「朝のお肌の見た目に関する意識・実態調査」によると、「朝から肌の調子がよさそうな人は魅力的だと思う」と答えた女性はなんと86.0%! 圧倒的多数が“肌の状態=魅力”と捉えているようです。

また、「昼や夜よりも朝の印象が魅力を左右すると思う」と答えた人も60.3%と過半数を越える結果に。朝の印象はその人の魅力を左右する重要な要因となり、自分のテンションが上がるだけではなく、周囲の人にも好印象を与えていることが分かりました。

 

■朝の肌に自身がある人が行う3大習慣とは

前出のアンケートで、朝の素肌に自信があると答えた方たちに、朝行っていることを聞いてみたところ、1位「きちんと朝食を食べる」(70.6%)、2位「職場・学校に着いたら、必ず挨拶をする」(29.7%)、3位「朝、洗顔料で洗顔をする」(29.2%)という結果でした。

“朝食・挨拶・洗顔”が朝の3大習慣であり、朝の習慣が美肌を保つのに関係しているようです。

 

■朝食を抜いてはいけない3つの理由

忙しい朝は朝食を食べるよりも寝ていたい……そんな人もいるかと思います。でも朝食はできる限り摂った方がよいです。ここでは、朝食を抜かない方がいい理由をご紹介します。

(1)太りやすくなる

朝食を食べないと基礎代謝が下がり、痩せにくい体質になってしまいます。“食事誘発性熱産生(DIT)”と言って、食事をするとエネルギーを消費します。栄養素の種類にもよりますが、一日に消費するエネルギーの1割を占めているとも言われます。

食事を抜いてしまうとエネルギー消費量も減ってしまうので要注意。また、空腹時間が続くと体が飢餓状態になり、次に食べる食事(昼食)から過剰に栄養を吸収してしまいます。

(2)生産性が下がる

朝食を抜いた日、午前中なんとなくボーっとしてしまうことはありませんか。朝食を食べることによって体温が上がり、脳の働きも活発になります。

(3)便秘になりやすい

胃の中に食べたものが入ると胃腸の動きが活発になり、動きがよくなります。このことによって便秘解消につながる可能性も。

また、厚生労働省が推奨している、一日に摂るべき野菜の量は350gとされていますが、一日2食でこの量を食べるのはなかなか難しいもの。便秘解消に欠かせない食物繊維を摂るためにも、朝食から野菜をたっぷり食べたいですね。

 

これまで朝はゆっくり寝ていたい……と朝食を抜いていた人は、これを機に自家製野菜ジュースやスムージーなど消化によい物を口に入れるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ クレンジングでぷるぷる肌!1本で6役の美容ライター絶賛アイテムとは

※ やっぱスゴイ!「朝食にお米」が美肌とダイエットに最適な理由

※ 美容ライターのヘビロテ朝食!効果大盛り「スピルリナ」パンケーキ

1週間で3kg減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

※ 教えて欲しかった!「ほっそり痩せ子」は断じて食べないNG朝食5つ

 

【姉妹サイト】

※ 出社時に●●するだけ!「職場のムードがみるみる良くなる」朝の習慣とは

※ 「家事も仕事もばっちりこなしそう」2位は松嶋菜々子、1位は?

 

【参考】

洗顔に関する意識調査・実態調査 – oricon ME