んっ…痛っ!地味にツラい「鼻の内側のニキビ」原因と対処法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おでこや鼻を含むTゾーン、デコルテや背中など、皮脂腺が存在する場所にはニキビができやすいですよね。また、ホルモンバランスや胃腸の調子が乱れてくると、頬や顎にもポツリ……。

しかし、ニキビができるのは、人目に触れる場所だけではないのです。

そこで今回は、地味に痛い”鼻の中のニキビ”ができる原因と対策について、お話していきたいと思います。

 

■鼻の中にニキビができるのはなぜ?

鼻をかんだときやメイク中に鼻に触れたとき、「痛っ!」と感じたことはありませんか? もしかしたらそれ、鼻の中にできたニキビの痛みかもしれません。「鼻の中にニキビ?」と思うかもしれませんが、実はここにもニキビができてしまうことがあるのです。その原因とは、一体何なのでしょうか?

鼻の中というのは、ウイルスへの感染から体を守るために、湿った状態になっていることから、清潔な状態を保ちにくい場所。衛生状態が良くないことで、菌に感染して炎症を起こすと、ニキビができてしまうのだといいます。鼻の中のニキビは、痛みをともなうことが多く、お手入れもしにくいだけに、ちょっとやっかいですよね。

では、鼻の中にニキビを作らないためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

■鼻の中にニキビを作らないためには?

鼻の中にできたニキビは、皮膚表面にできたニキビのようにお手入れをすることができません。そのため、下記の項目に注意をして、ニキビを作らないようにする必要があります。

(1)頻繁に鼻をほじったり、触ったりしない

(2)鼻毛を伸ばしたままにしない。処理をするときは、抜かずにハサミで切る

(3)風邪や花粉症、鼻炎による鼻水の対策をする

(4)睡眠・栄養バランスの良い食事を取り、免疫力を高める

 

前触れもなく、いきなりできることが多い”鼻の中のニキビ”。炎症がひどいときは、皮膚科や耳鼻科で診察をしてもらうことをオススメします。

 

【関連記事】

※ 目元に桃の色香!ブームの「ドファサルメイク」で印象的美女に

もう始めなきゃ!背中見せOK「ニキビレス」な肌に導く5ケア

虫歯やマスクもNG!? 「顎ニキビ」ができやすくなるヤバイ習慣4つ

体の中で何かが起こってる!「頬ニキビ」ができちゃう本当の理由

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

 

【姉妹サイト】

※ 「ダイエットしてない」って言う痩せ子が実は心がけている食習慣4つ

※ どっちが幸せ?働き女子の今と昔から見る「30歳の節目に考えたいコト」

 

【画像】

Vato Bob