あれ…上座はどっち?勘違い多数「エレベーターのマナー」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスで日常的にエレベーターを使う方は多いですよね。ときには上司や目上の方と乗り合わせたりすることもあるでしょう。そんなとき、「どう振る舞ったら良いのかわからない」と密かに焦ってはいませんか?

そこで今回は、知らないと恥をかいてしまう、”上司・来客と一緒のときのエレベーターマナー”についてお話していきたいと思います。

 

■1:上座・下座の位置は?

会議室や宴席、車内だけではなく、エレベーター内にも上座・下座が存在します。上座はエレベーターの操作盤がある側の奥、下座は操作盤の目の前なので覚えておきましょう。

自分一人で乗っているときなら話は別ですが、上司や来客と乗り合わせるときは、くれぐれも上座に立たないように。また、上司や来客に背を向けることがないように、壁側に背を向けて立ちましょう。

自分が下座に立っているときに他の人が乗り合わせてきたら、「何階ですか?」と聞いてあげると親切です。

 

■2:乗るタイミングは臨機応変に

エレベーターに乗るタイミングは、そのときの状況によって変わってきます。

・乗ろうとしたエレベーターにすでに先客がいた場合・・・上司・来客に先に乗り込んでもらう。

・乗ろうとしたエレベーターに誰もいない場合(上司・来客少数)・・・エレベーターの扉を手で押さえ、上司・来客に先に乗り込んでもらう。

・乗ろうとしたエレベーターに誰もいない場合(上司・来客多数)・・・「失礼します」と言い、先にエレベーターに乗り込んで、‟開”ボタンを押しておく。

フロアに到着したら、‟開”ボタンを押しながら、上司・来客を送り出し、自分が最後に降ります。

 

■3:私語・書類の扱いに気を付ける

さまざまな人が乗り合わせるエレベーター内での私語は厳禁。

その他にも、重要な書類を手にしているときは、情報・内容を盗み見られないように、ファイルに入れて持ち歩くのがマナーです。

 

「マナー違反を犯していた……」「上司と一緒だと緊張してしまう」という方も、上記の項目を覚えておけば、焦ることなく振る舞えるようになるのではないでしょうか。

 

【関連記事】

※ 1位はケチより許せないアレ!「初デートでゲンナリ」な瞬間ワースト5

そのお酌…ダメ!「上司とのお酒で失敗しない」予習必須マナー3つ

あ…まだ食べちゃダメ!知らないと恥をかく「大人のマナー」まとめ

え…やってたよ!カレの箸も止まる「NG食事マナー」まとめ

※ 目元に桃の色香!ブームの「ドファサルメイク」で印象的美女に

 

【姉妹サイト】

※ そんなこと!? 女性がトイレでこっそりやること1位はLINE、2位は

新社会人は必見!入社前に絶対知っておくべき「出世に近づく方法」3つ

 

【画像】

thelearnr