やらないと損!歩く前にやるだけで「脂肪がボーボー燃える」アノ動き

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットのためにランニングやウォーキングを行う女性が増えています。そんなスポーツ女子必見! 実は有酸素運動の前に“ある動き”を行うと、より効率よく脂肪が燃えるのです。

そこで今回は、ランニングやウォーキングの前に取り入れたい2つの動きについてご紹介します。

 

■ランニング前の“無酸素運動”が脂肪燃焼をよりスムーズに

今回、空手を取り入れた女性向けエクササイズの講師である鍛冶亜友子さんにお話をうかがったところ、ランニングやウォーキングの前に、筋肉を刺激するちょっとした運動を取り入れることでより脂肪が効率よく燃焼されるそう。

一般的な軽いストレッチの後に有酸素運動を行うだけでも、もちろん脂肪を燃焼させるために効果的ですが、走る前に脚やお腹、背中にある大きな筋肉を動かしておくことで筋肉にスイッチが入り、活性化されるので走り出してから脂肪が燃えやすいのです。

しかし、腹筋や背筋といったハードな筋トレを行うと、走る前に疲れてしまいますよね。そこで、女性でも取り入れやすい筋肉を刺激する運動を2つご紹介します。

 

■ラン前にやりたい! 筋肉を刺激する運動2つ

(1)スクワット

スクワットは脚全体、背筋を使うのでラン前に行うのにおすすめ。足を肩幅に開き、視線は真っ直ぐ前を見て背筋が曲がらないようにゆっくりと腰を落とします。太ももと床が水平になるくらいまで落とすのが理想です。

美レンジャー

このとき、膝が内側に入り、内股になってしまうと効果が半減してしまうので、膝も真っ直ぐつま先と同じ方向を向くように意識します。また、腰を落としたときに、膝からつま先が少し見えたら正しい姿勢です。見えない場合、前かがみになってしまっているのでNG。

美レンジャー

ゆっくり5秒で腰を落とし、その姿勢のまま5秒キープ、そしてゆっくりと5秒かけて元の位置に戻します。これを5回行うだけです。ただし、姿勢が悪いと筋肉に負荷がかからなくなるので、上記のポイントを意識して行ってくださいね。

(2)見えないゴムを引っ張る動き

次に、背中の大きな筋肉を刺激します。両手を上にあげ、天井から伸びている固いゴムをグーッと引っ張るようなイメージで、息を吐きながらゆっくりと腕を引きます。「もう引けない!」というところまでしっかり引きます。

美レンジャー

たとえイメージであっても、伸びない固いゴムをひっぱっているようなつもりで腕を引くことで筋肉がしっかりと刺激されます。肩甲骨も刺激されるので、余分な脂肪を熱に変えてくれる“褐色脂肪細胞”も活性化し、より脂肪燃焼効果が高まりますよ。

ゆっくり5秒かけて腕を引いて、そのまま5秒キープ、その後5秒かけて元の位置に戻します。これを5セット行います。

 

この2つの動きを行うことで、大きな筋肉が刺激されるのでより脂肪燃焼効果が高まります。ランニングやウォーキングの前に、是非取り入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ これってほんと!? -5kgを目指すお手軽酵素サプリメントとは

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

知らなきゃ損!驚くほど「脂肪がボーボー燃焼する」ランニング法

※ 2つの動きで上向きヒップ!お尻と太もも「境目くっきり」エクサ

O脚や不妊症にまで!? 放置はマズイ「骨盤ゆがみ度」1分チェック

 

【姉妹サイト】

※ 集中力アップ!オフィスでできる「やる気を出す息抜き法」3つ

※ オバ化成分90倍!外食でよく食べる●●が老化を加速させるらしい

 

【取材協力】

※ 鍛冶 亜友子・・・日本橋にある女性限定空手教室『manabiya HYOTAN』代表。空手道歴26年。全日本空手道連盟四段。空手とエクササイズを融合した空手エクササイズを通じて、しなやかで健康的な女性のボディライン作りをサポート。また、親子、カップルで気軽に参加できる本格的な剛柔流空手道教室も開講し、未経験者にも分かりやすく丁寧に指導している。(HPブログ