汗のニオイにはにおうものとにおわないものがある!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

じわじわ気温が高い日が出てきましたね~。夜はひんやり涼しくて快適ですが、日中は汗をかいてしまう時間もしばしば。夏は気温が上昇して汗をかきやすいのでこまめな匂いケアが大切です。爽やかに毎日過ごしたいですもんね。

汗をかくと匂いはもちろん、汗ジミで服が汚れてしまって悲しいことにもなりかねません。まずは、汗について正しい知識を知っておきましょう。

 

■実は汗には種類がふたつある!?

汗を分泌する細胞の集まりを汗腺というのですが、これには2種類あります。それは、エクリン汗腺とアポクリン汗腺のふたつです。

1. エクリン汗腺

全身にある汗腺で、手のひらと足の裏い特に多く存在するもの。サラッとした透明な汗で、成分のほとんどが水分で匂いは気にならないのです。

2. アポクリン汗腺

ワキの下や、耳の中などにある毛穴に付着している汗腺。この汗腺がいわゆるワキガなどの原因を作るものなのです。

 

■どんな匂い対策があるの?

gooヘルスケアによると、どちらの汗腺でも生活習慣を改善することが大事だとか。

汗にはミネラル分が含まれているため、皮膚をアルカリ性にします。すると、皮膚の常在菌が繁殖してにおいが強くなります。

エクリン腺からでる汗は、においのないさらさらの汗なのですが、エアコンに頼りすぎた生活を送ったり、運動不足やストレスなどによって汗腺の機能が鈍ると、エクリン腺から出る汗もべたべたしてきます。

つまり現代人は、においのあるべとべとした汗をかきやすい生活習慣になっているのです。体臭を防ぎ、においのないさらさらの汗をかくためには、生活習慣からみなおすことが必要なのです。

対策としては、肉食中心の食生活、タバコはやめて、冷房に頼り過ぎないようにすることが第一歩だそうです。また、生活習慣病や肥満体質の人は匂いやすいとのこと。見た目ではなく、周りの人に匂いで気を遣わせてしまわないために、ダイエットを意識するようにしてみることも大切ですね。

 

しかし、汗の匂いは生活習慣だけがの原因ではなく、体質や遺伝も大きく作用します。耳垢が湿っている感じや、わき毛が多い、Tシャツの腋の下の部分が黄ばみやすいなどの特徴に心当たりのある方はいる方は、少し匂い対策を特にしっかりケアをするようにしましょう。

汗の量を減らす効果のある制汗剤や、菌の活動を抑えてくれる効果を持つ殺菌剤なども匂いケアには心強いアイテムですね!

この夏は、爽やかに快適に過ごすためにも、自分に合ったケア剤を選んできちんとケアしていきましょう!

 

【参考】

汗の臭い においのある汗・ない汗  – goo ヘルスケア