邪魔…が5位ってどんだけ!「恋人と険悪になる」地雷ワードTOP5

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

付き合いが長いカップルが避けては通れない倦怠期。ささいなことでイライラしたり、相手の癖が嫌になってしまったり、相手の存在そのものが、ある種のストレスのようになってしまうことも多いのでは。

時にはほんの何気ない一言で、倦怠期をさらに悪化させてしまうことも。

そこで今回は、『gooランキング』の「恋人と険悪な雰囲気になること必至な“ひとこと”ランキング」の結果と、恋人といつまでも仲良くしていける会話テクについてご紹介します。

 

■不穏な空気に…恋人に言ったらまずい!ひとことランキング

早速、上記のランキングの結果を見ていきましょう。

1位・・・◯◯さんならやってくれるのに

2位・・・来なきゃよかった

2位・・・どうでもいい

2位・・・気持ちわるい

5位・・・邪魔

 

1位には「◯◯さんならやってくれるのに」 がランクイン。恋人の失望が垣間見えるこのセリフは、どうやら多くのカップルにとって喧嘩の起爆剤になってしまうようです。

そもそも他人と比べられるのは、いい気がしないもの。「だったら○○さんと付き合えば?」と、売り言葉に買い言葉になってしまう可能性もあります。恋人の劣等感や嫉妬心をあおるセリフなので、言う時は別れを覚悟する必要がありそうです。

2位は、退屈なデート中に言ってしまいがちな「来なきゃよかった」というひとこと。「あなたと一緒にいても楽しくない」と暗に言われているようなものなので、もしかしたら公然の場で大喧嘩に発展してしまうかも。

同率2位の「どうでもいい」や5位の「邪魔」も、相手の存在を無視したような印象を与えるフレーズですね。

 

■恋人といつまでも仲良くしていけるフレーズ3つ

倦怠期のカップルは、遠慮なしに本音を伝えてしまいがちです。しかし険悪になりすぎると、関係の修復が難しくなってしまいます。せっかく出会った縁を嫌な思い出にしないためにも、まずは自身の発言に気をつけてみてはいかがでしょうか。ここでは、恋人といつまでの仲良くいられるフレーズを3つご紹介します。

(1)嬉しい

相手のしてくれたことに感謝の気持ちを込めて「嬉しい」と伝えると、言われた相手も嬉しい気持ちになるはず。相手のしてくれたことに対してだけでなく、“自分がどんなことをしてくれたら嬉しいのか”を伝えるのも大事です。

(2)楽しい

一緒にいて楽しいからお付き合いをしているわけですが、敢えて「楽しい」と伝えてみましょう。相手も「そんなに楽しんでもらえるなら、次も頑張ろうかな」と励みになるはず。

(3)ありがとう

お付き合いが長くなるといろんなことが当たり前に感じてしまう時がありますが、相手も努力してくれています。どんな些細なことでも「ありがとう」と伝えるだけで、伝えられた相手は嬉しいものです。相手に臨むことが多い人こそ、その望みが叶った時は笑顔で「ありがとう」と伝えましょう。

 

お付き合いしている人だからと、思ったことを何でも言って良いというわけではありません。親しき中にも礼儀あり。相手の存在を受け入れて、優しい言葉をかけてあげることも忘れないようにしましょう。

 

【関連記事】

※ 寝起きのキス前に…30秒!「強烈口臭」を1さじの●●で撃退テク

※ 明るい部屋がケンカや誤判断を招く!照明が及ぼす意外な影響とは

※ 月経前「舌打ちイライラ女子」にならないためのたった3つの心得

※ 電車内でのアレは絶対NG!「周囲がイラつくカップル」ランキング

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【姉妹サイト】

※ 「銭の戦争」巻き返しなるか!? 1月クールドラマ視聴率ランキング

※ モテ度も仕事力もUP!? 始めた途端に「男性にモテる」職業が判明

 

【参考】

※ 恋人と険悪な雰囲気になること必至な「ひとこと」ランキング – gooランキング