目指すは白い肌より…光る肌!最新美白が「七難隠す」理由とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美レンジャー

「色の白さは七難隠す」と言われていますが、ただ白いだけでは逆効果。美肌どころかクマやシミといった肌のアラが目立ちやすく、老けて見えることも……。

実は本当の意味で目指すべき美白とは、ただ肌を白くするだけではなく、光をたっぷりと反射することができる肌。内側から発光しているような透明感を感じさせる肌です。

そこで今回は、今年目指したい“光美白”についてご紹介します。

 

■キメ細かい“均一な肌”こそが七難隠す!

一般的な美白化粧品に期待できることは、大きく分けて、”顔全体のトーンアップ””日焼けやシミができるのを予防する””今あるシミを薄くする”ということ。これらはもちろん透明感のある美肌を目指す上で必要不可欠。しかし、これだけでは十分とは言えません。

みなさんの周囲にいる透明感あふれる白肌の女性は、肌がツヤツヤ、ピカピカしていませんか? 実は肌を美しく見せるのに欠かせないポイントは、白さに加え“キメ細やかで表面が均一な肌”であること。その理由は光の反射にあります。

キメ細やかな肌は、鏡のように光を反射してくれ、まるで内側から発光しているかのように見せることができます。逆にいくら肌が白くても、キメが荒く、肌表面がデコボコしていると光が反射せず、元の肌色よりくすんで見えてしまうことも……。美白に加えてキメを整え、肌表面を均一にすることが大切なのです。

しかし実際に、”顔全体のトーンアップ””日焼けやシミができるのを予防する””今あるシミを薄くする”、そして”肌のキメを整える”……これを全て意識するのは難しいですよね。そこで今回、おすすめのアイテムが発売されるのでご紹介します。

 

■注目は“医白”成分! 通常美白と光美白の両方叶える今旬アイテム

ジバンシイから2015年3月1日(日)に発売される美白シリーズ『DW10(ディー ダブリュー パワーテン)』は、シミやそばかすを徹底的にケアしつつ、同時にキメ細やかで、なめらかな肌表面を作るまさに夢のようなシリーズです。

おすすめしたい特徴のひとつが“医白成分”が配合されていること。皮膚医学や薬学にヒントを得て、ジバンシイ ラボラトリーズの最先端の研究により開発された、美白複合体“ホワイト インテグラル シーケンサー(R)”が各アイテムに配合されています。

この成分が、メラニン生成を防ぎ、メラノサイト内でメラニンの輸送を阻止し、今あるシミを薄くしてくれるという“メラニン生成の3ステップ”と戦ってくれるのです。

中でも『DW10 モアーザン ホワイト セラム プラス』(12,500円<税抜>)は、肌表面のキメを整えてくれる効果が期待できます。まさに光を反射する肌を叶えてくれるアイテムです。

また、『DW10 クリア ショット』(9,500円<税抜>)は、気になる部分をピンポイントでケアしたい人におすすめ。次から次へとあらわれるシミや色ムラにダイレクトに塗布できます。(写真参照)

美レンジャー

そして『DW10 ホワイトニング ナイト クリーム』(11,000円<税抜>)は、寝ている間の肌にたっぷりの栄養を与え、日中に肌が受けたダメージをケアし、明るくキメ細やかな肌に整えてくれます。(写真参照)

美レンジャー

これらを使用して、今年は内側から光があふれ出すような発光肌を目指してくださいね。

 

【関連記事】

※ 1杯の●●が効果的!ぶくぶく太りを防ぐ「たった3つの寝る前習慣」

※ 巻き髪orストレート?男が「キュンとする髪型」1位に合うメイクは…

300円でまつ毛バサバサ!? 「コスパ最高まつ育」に美容ライター納得

※ アイメイクの新常識!旬顔を作る「下まぶたテク」4色の魔法

※ よし小顔!口の中でクルクルするだけ「舌トレ」でむくみ解消

 

【姉妹サイト】

※ 欧米で大人気!禅から生まれた「マインドフルネス」のオフィス活用法

※ 専門家が伝授!「やりすぎメイク」を回避できる正しい8ステップ

 

【参考】

ジバンシイ