パスタ・ご飯・パン…「味を落とさず美味しく食べる」正しい目安は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しくて台所に立つ時間がないとき、あらかじめご飯を多めに炊いておいたり、パスタを茹でておいたりする方は多いと思います。そうすることで、食事の準備がだいぶ楽になりますよね。

しかし、保存法や保存期間に気を付けなければ、美味しさが損なわれたり、体調不良を引き起こしたりする原因になることも……。

そこで今回は、毎日食べるのに意外と知らない”炭水化物を美味しく食べられる期限”について、お話していきたいと思います。

 

■1:ご飯が美味しい目安

【常温で保存する場合】

季節にもよりますが、ご飯を常温で保存すると傷みが早くなります。春や秋は12時間程度、夏は6時間程度、冬は1~2日程度が常温保存の目安になりますが、なるべく早く食べることをオススメします。

【冷凍庫で保存する場合】

ご飯を冷蔵庫で保存すると、パサパサしたり、固くなったりします。サランラップに平たく包んだら、冷凍庫で保存をして、1か月以内に食べ切りましょう。

【炊飯器で保存する場合】 

機種によっても異なりますが、炊飯器で保温をしたままにしておくと、水分が蒸発してご飯が固くなったり、黄色くなったりすることも。保温機能をオンにした状態での保存は、3~5時間を目安にしましょう。

 

■2:パスタの美味しさが保てるのは……

パスタの賞味期限は、袋に記載されています。未開封状態であれば、期限内は美味しく食べることができます。

また、茹でたパスタは、冷凍保存をすることが可能です。オリーブオイルもしくはサラダ油を絡めてからサランラップに平たく包み、冷凍庫で保存し、1か月以内に食べ切りましょう。

 

■3:パンは種類別に判断

クリーム系の菓子パンや総菜パンは傷みやすいので、袋に書かれた消費・賞味期限を厳守しましょう。食パンを長期保存したいときは、サランラップで丁寧に包み、冷凍庫で保存してください。

上記の方法で1ヶ月は保存できますが、2週間を目安に食べた方が美味しさが損なわれません。

 

いかがでしたか? 上記の期限はあくまでも目安です。気温や湿度、食べる方の体調によっても変わってきますので、なるべく早めに食べ切りましょう。

 

【関連記事】

※ 怪我や事故…発火の恐れ!「電子レンジで温めNG」危険なもの7つ

まだ大丈夫よね…が命取り!「賞味期限を厳守すべき」身近な7食材

意外と知らない!? 台所に眠る調味料の「本当の賞味期限」に愕然

知らずにやってる人が多い!「醤油を激マズにする」NG保存法4つ

※ よし小顔!口の中でクルクルするだけ「舌トレ」でむくみ解消

 

【姉妹サイト】

※ 正社員は最下位!「ワークライフバランスが良い」1位は派遣社員だった

※ 医師3,000人に聞いた!「自分でやっている花粉症対策」ランキング