今の洗顔法では全然ダメ!? 毛穴の黒ずみ解決策は「洗わない洗顔」だった

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CIMG2372

若い頃は目立たなかったけど、最近メイクを落としたときに、毛穴の黒ずみやくすみ、乾燥が気になってきてはいませんか? これは加齢のせいだけではありません! もしかしたら、これらの肌悩みは朝の洗顔法が原因かもしれません。

今回は、毛穴の黒ずみを招いてしまう”やりがちNG洗顔”について、ご紹介します。

 

■逆効果!実は間違っている”朝の洗顔法”3つ

(1)朝はもっちり泡でゴシゴシ洗顔

朝はもっちり泡でゴシゴシ洗顔して「スッキリ!」という方も多いはず。でも、これは間違い! 肌本来の潤いまでを奪い乾燥を加速させて、シミ、シワだけでなく毛穴の黒ずみなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

(2)お湯だけで洗う

しっかり泡洗顔が良くないとお伝えしましたが、だからと言って、お湯(水)だけの洗顔もよくありません。お湯だけではお肌の汚れを落としきれず、角質が溜まって、角栓の原因になり、お肌がくすんでしまうためです。

(3)小鼻の黒ずみを念入りに洗う

小鼻に多くみられる黒ずみ。気になるがゆえ、つい念入りに洗ってしまうかもしれませんが、洗いすぎると「お肌が乾燥しすぎている」と判断し、余分な皮脂を分泌させようとします。実はこの皮脂が、黒ずみの原因なのです。

 

■”大人女子のための洗顔料”で悩み解消!

上記のことから、お肌の乾燥やくすみ、小鼻の黒ずみを引き起こさないためには、”顔を洗いすぎることなく、不要な角質だけをしっかり落とすことが大切”だとわかります。

でも、改めて考えると、洗いすぎても乾燥、洗わなくても汚れを取りきれない……。「じゃあ一体どうしたらいいの!?」という声が聞こえてきそうです。

そこでご紹介したいのが、大人女子のための洗わない洗顔『マナラ モイストウォッシュゲル』。この商品@cosmeその他洗顔料部門第1位を獲得した実力派です。

isobe

「洗わない洗顔ってどういうこと?」と、思われた方も多いかと思いますが、洗浄成分がゼロで、97.5%が美容液成分なので、美容液でできているから洗い流さなくていいというわけなのです。

 

■筆者も使ってみました!

CIMG2389

『マナラ モイストウォッシュゲル』にはお肌に合わせて“拭き取り”と“洗顔”の2パターンの使用法があるそう。筆者は、乾燥肌であり小鼻の黒ずみも気になっていたので、2つの洗顔法を使い分けてみました。小鼻だけはコットンで拭き取り、黒ずみにアプローチ。コットンには汚れがびっしり付いていて、角質のないツルツル肌を実感できました。しばらく使っていると、黒ずみもなくなってきていることに気づけ嬉しい限りです。

小鼻以外のお肌には、手の平でくるくると全体に馴染ませ、マッサージをしながら使っていました。滑らかなテクスチャーなので、少量で顔全体に行き渡ります。軽く洗い流すと、まるで乳液を塗ったようなモチモチ肌に仕上がって、驚きました! 泡立てる時間も、洗い流す時間も短縮できるので、忙しい朝にもオススメです。

今なら初回限定の20%割引きもやっているので、みなさんもぜひ一度試してみてください。この洗顔で、気になる毛穴の黒ずみとの戦いに終止符を打ってみませんか?

 

【参考】

※ @cosmeその他洗顔料部門第1位! マナラモイストウォッシュゲル