とりあえず…で飲む前に!「サプリメント摂取」で注意すべき基本のキ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事はバランス良く……と思っていても、毎日忙しいとついおにぎりだけ、サンドイッチだけなど偏食になってしまいがち。そんなご時世、足りない栄養を補助するためにサプリメントは重宝され、「毎日飲んでいます」なんて人も多いのではないでしょうか。

しかし、サプリメントについてきちんと理解していますか? 過剰評価していませんか? 

そこで今回は、サプリメントの“基本のキ”と、意外と知られていない落とし穴をご紹介します。

 

■まず摂るべきはビタミンとミネラル

サプリメントはやみくもに飲んでも効果が期待できません。体の基本的な代謝のシステムがきちんと機能していないと、いくらいろんな種類のサプリメントを飲んでも意味がないとされています。

基本的な代謝システムに重要な関わりがあるのはビタミン。ビタミンがなければ代謝がうまく行われないのです。つまり、栄養補助としてサプリを飲むなら最優先させるべきはビタミン、その次がミネラルです。

 

■意外に知らない?サプリメントの落とし穴

商品の裏側にある内容量の表記。みなさんは、きちんとチェックしていますか?

例えば、グルコサミンの粒タイプの商品の場合。パッケージには“1粒250mg、120粒”などと表示され、多くの人が1粒で250mgを摂取できると思っている恐れが。しかし、裏側のシールに表記されている内容(有効)成分の含有量をよく見ると、“4粒で100mgの成分が摂れます”と書かれていることも!

ということは、1粒には25mgしか有効成分は含まれていないということ。あとの重量は、有効成分以外の原材料やサプリメントを粒状にするために必要な添加物などです。

ですから、内容量=有効成分量ではないということを覚えておいてくださいね。

 

■サプリメントはあくまで”栄養補助食品”

サプリメントを飲んで栄養補助しているからといって、食生活がめちゃくちゃでもOKというわけではありません。サプリメントはあくまで食事の一部です。きちんと食事を摂って本来持っている消化機能を使ってこそ、サプリメントの効果も得られるというもの。

逆に、食事も気を使っていて、かつサプリメントも摂取しているという人はちょっとやり過ぎの可能性が。サプリメントは薬ではないので飲み過ぎて害になることは少ないともされていますが、何事にもバランス感覚が大切です。

 

前述のように、サプリメントはあくまで栄養を補助するもの。体の内側から綺麗になりたい人は、上手にサプリメントとお付き合いしてくださいね。

 

【関連記事】

※ これじゃ吸収されない!サプリメントが無駄になっちゃうNG摂取法

※ 「何もしないで痩せる」は本当?ダイエットサプリの効果とその真相

※ 生え際後退!? みるみる「おでこが広くなる」女子の悪習慣4つ

※ ゲッ顔ダニ!?消費期限から不潔アイテムまで「化粧品使い」基本のキ

※ ガッチガチの首・肩に効くぅ!「2分ですっきり」コリ解消体操

 

【姉妹サイト】

※ その生理痛ほっとくとヤバイ!? 藤崎奈々子も苦しむ子宮内膜症とは

※ 社内の噂好きは危険度大!今すぐ確かめたい「お局化チェック」3つ