2月は要注意時期!美容・健康トラブルを遠ざける生活習慣3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月~1月は、一年でもっとも寒さと乾燥が厳しい季節。そして、そのダメージの蓄積により、肌荒れや体調不良を起こしやすくなるのが2月だと言われています。‟乾燥”が原因で肌表面が硬くなったり、‟冷え”が原因で血液循環が悪化、顔色がどんよりしてしまったり、肩こり・腰痛・生理痛がひどくなってしまったりと、女性にとっては悩ましい季節ですよね。

そこで今回は、美容・健康トラブルが起こりやすい季節を、美しく元気に乗り切るための3つの方法をご紹介したいと思います。

 

■美容・健康トラブルを遠ざける生活習慣3つ

(1)湯船に浸かる

湯船に浸かることで、体が温まり、皮膚の毛細血管が広がって血流が良くなります。その結果、新陳代謝が高まり、老廃物や疲労物質が取り除かれます。入浴で得られる嬉しい効果は、それだけではありません。水圧作用により、手足にたまった血液を押し戻し、血液やリンパの流れを良くしたり、浮力作用により、筋肉や関節を休ませ、体全体の緊張をほぐすこともできるのです。

また、毛穴を開かせて汚れを落としやすくしたり、カロリーを消費したりもするので、シャワー派の方は、湯船に浸かる習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

(2)加湿空気清浄機をつける

空気が乾いていると、肌や髪のほかに喉、鼻の粘膜も乾燥して、風邪、インフルエンザなどのウイルスに対する防御機能が低下、ウイルスが体内に侵入しやすくなります。

加湿空気清浄機をつけて、室内の湿度を40~60%に保ちましょう。

(3)‟美容サポート飲料”を飲む

上記で述べたような生活習慣、家電で美容・健康を維持するのも良いのですが、何といっても大切なのが食による‟体内美容=インナービューティー”。特にオススメなのが、手軽に取り入れることができて、継続しやすい「美容サポート飲料」を飲むこと。

では、数ある美容サポート飲料のなかから、どのようなものを選んだら良いのでしょうか?

 

■女性に嬉しい処方! 美味しくキレイになれる「美容サポート飲料」があった

2月は要注意時期!美容・健康トラブルを遠ざける生活習慣3つ

ゼナや大正漢方胃腸薬など、医薬分野で長年の生薬研究の実績を持っていることからも、何となく薬のイメージが強い大正製薬に、女性に嬉しい美容サポート飲料があることをご存知ですか?

その名も『密-hisoca-』。女性が抱える悩みにフォーカスをあて、伝統的な西洋ハーブと、日本人になじみの深い東洋ハーブ(和漢植物)を融合させて開発した「美容サポート飲料」なのです。

いくら体に良くても、美味しくなければ続けられませんよね。実は筆者、『密-hisoca-』の柘榴(ざくろ)を試してみたのですが、美味しさとアレンジのしやすさにこだわって作られただけあって、毎日飲むのが楽しみに。

スッキリと飲みたいときは、水、炭酸水、空腹感を満たしたいときは、牛乳、豆乳で割って飲んでいましたが、それ以外にも、野菜や果物を使ったスムージーに混ぜたり、サラダのドレッシングに混ぜたりと、幅広く取り入れることができるので、忙しいときの美容サポートに役立ってくれました。

 

 今の自分に必要なものを見極めて、トラブルとサヨナラしちゃいませんか?

 

【参考】

『密-hisoca-』- 大正製薬株式会社