全部ムダに!? 痩身エステのプロは絶対しない「施術後のNG行動」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前はスルッと履けたジーンズがキツイ! 思わずエステに駆け込みたくなる瞬間ですよね。そして痩身エステに行くとしたら、施術効果を最大限に引き出して、持続させたいもの。

施術を受けるタイミングは、生理の終わりかけが効果的だといわれています。女性ホルモンのバランスが変化し、痩せやすい体へと整い始める時期です。では、施術後に心がけたほうが良いことってあるのでしょうか? 

そこで今回は、モデルさんたちの間でも人気を誇る痩身サロン『ガリシア』オーナーで『美レンジャー』ライターでもある清崎汐里さんに、痩身エステ後に行ってはいけないことをうかがいました。

 

■1:お酒を飲んで肝臓を休めない

「痩身エステを受けた後は、老廃物や中性脂肪が静脈を巡り、肝臓や腎臓を経由します。肝臓や腎臓の働きが弱っていると、効率的に老廃物が排出できず体内にとどまってしまうことに。特に、高いデトックス効果が得られる施術日は、お酒を控えましょう」とのこと。

せっかく老廃物を排出させるための施術を受けたのに、排出する内臓機能を弱める行動をとるのはとてももったいないことです。飲酒をすることで、肝臓にはアルコール分解という仕事が増えてしまいます。すると老廃物の排出効果が落ちてしまうことになってしまうのです。

 

■2:冷たいものを飲んで体を冷やす

「体内に十分な水分があると、老廃物運搬の効率が良くなります。サロンでは施術後に白湯を飲むことを強くおススメしています。内臓を温めると、デトックス力がアップしますよ」とのアドバイスが!

施術で体が温まった後は、冷たい飲み物を一気に飲みたくなるかもしれません。しかし白湯を飲んで体を温めることが、エステ効果を上げることになるのだとか。

巡りが良くなっている状態の体には、カフェインのような刺激物を入れないことも意識しましょう。体内外から優しいケアをしてあげるような意識を持ってみてください。

 

■3:睡眠不足の状態を改善しない

「睡眠は体のメンテナンス時間。細胞は寝ることで修復され、胃腸を中心とする内臓の働きも活発にし、老廃物を体外へ出す準備を行っています。特に痩身エステの後は、睡眠をたっぷりとると、デトックス効果が上がります」とのこと。

「1に睡眠、2に睡眠!」こう語ってくださった清崎さんは、睡眠の質が悪いことは、体を冷やす原因のひとつになるといいます。特に痩身施術を受けた後は、ぐっすり眠ってほしいそうです。

この機会に、寝具や就寝時間を見直して、質の良い睡眠をとることを目指しても良いかもしれません。

 

ストレスを溜めることは、ダイエット(健康的な体を手にいれること)の最大の敵だという清崎さん。溜めない体を作ることを、日頃から心がけることも大切だといいます。サロンに行けば終わりではなく、より効果を感じるために、後のケアまでしっかりしたいですね。

 

【関連記事】

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

あなたはどれ?即効で脚をギューンと細くするタイプ別脚痩せ方法

※ 医師に直撃!血糖値をあやつる「食べ順ダイエット」がナゼいいか

老廃物をドバッと流す!肩こり・腰痛も解消「バスタイム」エクサ

よし小顔!口の中でクルクルするだけ「舌トレ」でむくみ解消

 

【姉妹サイト】

※ うわっクサッ!同僚がゲンナリする働き女子の「キッツい体臭」原因4つ

※ 実は悩んでる女子多し!「恥ずかしい痔」をこっそり治す秘密の方法

 

【取材協力】

※ 清崎汐里・・・10年間の看護師経験を経て、痩身サロン『GARICIA』のオーナーに。リバウンドを回避する痩身理論はモデルの間でも定評あり。予約時に『美レンジャー』の記事を見たと伝えてくださった方は、初回500円引きのキャンペーンを5月末まで実施中。他のキャンペーンと併用可能。