平行眉どころか変眉に!「絶対やってはいけない」眉毛の描き方5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「眉毛が左右対称にならない」「時間がかかる」と、眉に苦手意識を持つ女性は少なくありません。しかし眉は、顔の印象を大きく左右する重要なパーツ。失敗すると、一気に残念な仕上がりに……。

そこで今回は、眉を上手に描けない人がやりがちな行動を5つご紹介します。

 

■1:眉頭から描きはじめる

筆者の周辺にも”眉頭から描きはじめる”という女性はかなり多いです。しかし、眉頭から描きはじめると眉頭が必要以上に濃くなり、眉の印象が強くなりすぎてしまう傾向に。

眉は眉頭から1cmほど外側あたりから描きはじめるのがおすすめです。もとの眉毛もそのあたりが一番毛の量が多いので、この部分は多少濃くなっても自然に見えます。その後、眉山、眉尻と描いていき、眉頭はブラシでぼかす程度で十分です。

 

■2:ペンシルだけ使う

眉毛を描くのが苦手……という人は、アイブロウペンシルだけで眉を描くのはおすすめできません。慣れていないと、やたら細く濃くなったり、眉の形がクッキリしすぎてしまうことも。

最近はナチュラルな眉が流行しているので、パウダータイプと併用するのがおすすめ。まずパウダーで眉に色をのせ、その後ペンシルで眉尻と、足りないと感じる部分を描き足すと自然な眉に仕上がりますよ。

 

■3:眉山をクッキリつける

上記でご紹介したとおり、最近はクッキリ描くよりも自然な毛並みを活かすやわらかい眉が流行しています。眉山をしっかり描きすぎてしまうと、周囲から「時代遅れ」「古臭い」「描きすぎ」と思われてしまうことも……。

いつものように眉山を作ったら、アイブロウブラシで眉山を数回とかし、少し削ってあげるとナチュラルな仕上がりになります。

 

■4:アイブロウアイテムを眉毛の色に合わせて選ぶ

アイブロウパウダーやペンシルは、“今の眉毛の色”や“なりたい眉毛の色”で選ぶのはNG。髪はダークカラーなのに眉の色が薄いと、顔の印象が薄くなってしまいます。逆に、髪の色は明るいのに眉の色が濃いと、眉が変に目立ってしまいます。アイブロウアイテムは、髪の毛の色に合わせて選ぶとバランスがとれます。

 

■5:無理に左右対称にしようとする

特に女性に多いお悩みが「左右対称にならない」ということ。しかし、ほとんどの人は頬の高さや目尻の高さなど、顔の左右が少しずつ異なります。当然普通に描くと完全な左右対称にはなりません。これを無理に左右対称にしようとすると、どこかに不自然さが出てしまうことも。

まずは、基本の眉毛の描き方に沿って、左右の眉を描いてみてください。『美レンジャー』の過去記事「【動画あり】微妙な形の女子多し!“残念眉毛”にならない方法とは」を参考にしてみてください。その上で、太さ、眉の高さを左右合わせるように意識するとバランスがとれるのでおすすめです。

 

以上、眉毛を描くときのNGポイントをご紹介しました。是非これらを参考に、アイブロウメイクを楽しんでくださいね。

 

【関連記事】

ゲッ顔ダニ!?消費期限から不潔アイテムまで「化粧品使い」基本のキ

肌にイイだけじゃない!知らなきゃ損「ミネラルコスメ」メリット5つ

まだ盛ってるの?「自然なパッチリ目」で旬顔になる簡単テク3つ

※ 米国女子…さすが!割り箸も活用「ネコ目アイライン用」秘密兵器4つ

 

【姉妹サイト】

※ これぞ幸せの鍵!アレを持ってる女子ほど幸福度が高いという調査結果

※ なんと1回1,800円の効果!? 職場で「褒める」驚異的メリット2つ