似合う色見つけた!唇に髪…プロが教える「MIXカラーテク」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋服でもメイクでも、似合うかどうかついつい慎重になるのが“色”ですよね。せっかく何かを新調しても、その“色”が似合わないと感じてしまうと、使わなくなってしまうもの。

そこで今回は、ヘアメイクアーティストchihoさんに、まぜるだけで似合わない色も似合う色に変えることができる、とっておきテクを教えて頂きました。

 

■1:コーラルカラーの魔法テク

chihoさん曰く、「チークやリップの色を決める時、自分にはピンク系が似合うかオレンジ系が良いか迷ったことはありませんか。そんな時はピンクとオレンジをまぜてみましょう。チークならブラシにピンクとオレンジを同量含ませ、手の甲で色をまぜ合わせてから頬にオン。

リップなら唇の上でピンクとオレンジ同量を、スルッと重ね塗りして上下唇を重ね合わせて、色味をMixさせます。すると女性的で優しく健康的なコーラルカラーで、顔色が自然に明るくパッと華やぎます。

あとはその日のファッションや小物の色を考慮して、ピンクかオレンジ、または両方をちょい足しするとトータルコーデも完璧になれますよ」とのこと。

 

■2:バスタイムに出来る簡単セルフカラーテク

「美容院でカラーした後の髪色、出来れば長く保ちたいですよね。そんな時におすすめなのが、カラートリートメントというトリートメントとカラーが同時にできるアイテム。

トリートメントなので黒くなった根元は明るくできませんが、明るくなってしまった毛先や髪の表面に色を入れ、落ち着かせてくれるので、黒くなった根元との境目がわかりにくくなります。そのため、美容院でのカラーリタッチまでの我慢ストレスが大幅に軽減出来ます。

ただ、カラーバリエーションに限りがあり、今の自分の髪色にぴったりな色を探すのが難しい点も。そんな時にご紹介するのがMixテク。

カラートリートメントといつもの愛用トリートメント、できれば乳白色をMixすれば、暗めのカラーを買ってしまった場合でも暗さを抑えることができます。

カラートリートメント同士のカラーMixも可能。絵の具と同じ原理で、赤と黒のカラートリートメントを混ぜてボルドーに。赤と青でパープルにというように、色がなければMixしてみて。

自前のトリートメントとのMixで明暗調整でき、カラーMixテクで自分色をつくれちゃう、そんなセルフカラートリートメントの活用はかなりおすすめです」とchihoさん。

 

春の新作を購入する前に、もしくは春の流行を取り入れる時に、教えてもらったテクニックで色を自在に操り、“似合う色”を追求してみてくださいね。

 

【関連記事】

アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

※ ヘアメイク氏が愛用中!プロが唸る「コスパ最強」100均コスメ6選

コットンとピンだけで!「朝の前髪カール」が瞬時によみがえるテク

※ 1杯の●●が効果的!ぶくぶく太りを防ぐ「たった3つの寝る前習慣」

 

【姉妹サイト】

※ ミランダ・カーも実践中!働き女子を癒やす「朝のレモン水」スゴイ効果4つ

※ 運動ゼロ、毎食アレを食べる…平子理沙が語った驚くべき美の秘訣8つ

 

【取材協力】

chiho-hairmake ・・・コスメアイテム大好きなヘアメイクアーティスト。百貨店のみならず、ドラッグストア・バラエティショップでの逸品探しも趣味兼日課。学校、企業等の講師活動、アーティスト・モデルのヘアメイク、ショーメイク、ブライダルなど、ヘアメイクを通して心身のキレイをお届け。