納得!肌のうるおい不足は●●を使っていないからだった

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どんなに良い化粧水を使っても、全然肌がうるおわない!」なんて悩みはありませんか? 実はそれ、日ごろのお手入れの方法が間違っているからかもしれません。ゆるぎない美肌の持ち主のスキンケア法を探ってみると、肌のうるおい不足で悩んでいる人とは違うポイントがあったのです。

 

■肌に差がつくお手入れポイント

みなさんは、肌のお手入れに何を使っていますか? 多くの方が、基本的には化粧水・美容液・乳液やクリームの4種類を使っているのではないでしょうか。実は、それだけではだめ! 周りにいる肌がキレイな人は、もう1種類アイテムを使っているのです。

美肌美人が使っているのは、「ブースター(誘導美容液)」。名前は聞いた事があるかもしれませんが、実際に使っている・詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか? これを使うか使わないかが、肌の行く末を決めるポイント。

では、「ブースター(誘導美容液)」について、詳しくみていきましょう。

 

■美肌美人が使っている“ブースター”って何?

実は、年齢とともに角層が厚くなる傾向があり、化粧水の浸透が悪くなりがち。ブースター(誘導美容液)は、角層が厚くかたくなった肌をほぐすように、肌を整えてあとのお手入れの浸透をよくしてくれるアイテムなのです。

ブースター(誘導美容液)をマッサージするようになじませていくと、肌がふっくらもっちりします。こうして肌の角層がほぐれた状態で化粧水をつけると、まるで肌がぐんぐん水分を飲み込むように浸透するのです。また、美容成分が浸透しやすい状態でお手入れすることで、これまで使っていたアイテムの効果もより感じやすくなります。

お手入れステップに組み込むことで、高価な化粧水・美容液・乳液・クリームを揃えなくても、肌に変化が感じられるでしょう。みなさんも、ぜひ使ってみてくださいね。

 

美肌の持ち主と肌のうるおい不足で悩む人のスキンケアの違いは、ブースター(誘導美容液)にあることをお伝えしました。まだ使っていない方は、乾燥からくるシワやたるみなどのトラブルが深刻化する前に、お手入れに取り入れましょう!