やっぱり1日1杯!「味噌汁」の育乳パワーをプラス具材で最強に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日1杯は、お味噌汁を飲まないと落ち着かないなんて方も多いのでは? そんな私たち日本人がこよなく愛するお味噌汁こそ、実は女性に嬉しい最強の美容スープなのです。

なかでも、注目したいのがバストアップが期待できるということ! 今回は、ド定番お味噌汁が最強の“育乳スープなワケ”をご紹介します。

 

■最も手軽なバストアップ法!? お味噌汁の育乳の関係

バストアップに効果的とされているのが、大豆イソフラボン。大豆イソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た働きをするといわれていますよね。

実はこの大豆イソフラボンには、豆乳や豆腐などに含まれる分子が大きいグリコシド型大豆イソフラボンと、お味噌や醤油などに含まれ、分子が小さいアグリコン型イソフラボンとの2種類に分かれるのです。

グリコシド型大豆イソフラボンは体内に吸収されにくく、体内で吸収されるのは2割程度なのだとか。その一方でアグリコン型イソフラボンの吸収率は、グリコシド型大豆イソフラボンの約3倍ともいわれているそうです。同じ大豆イソフラボンを摂るのなら、吸収率のよいお味噌を積極的に摂取したいですよね。

 

■お味噌汁にさらにプラス“育乳味噌汁レシピ”

バストアップに効果的な具材をチョイスし、お味噌汁を飲めば、さらに最強育乳食になりますよね。そこで、育乳に一役買ってくれるおススメの具材を見ていきましょう。

【キャベツ×卵】

大豆イソフラボン同様に、バストアップ食材として有名なキャベツ。キャベツに含まれるボロンには、エストロゲンの分泌を高めてくれる働きがあります。また、卵のたんぱく質がバストアップを手助けしてくれます。

【豆腐×油揚げ】

鉄板のお味噌汁レシピですが、立派な育乳レシピの一つ。お味噌ほどの吸収率ではありませんが、豆腐や油揚げにもグリコシド型大豆イソフラボンが含まれています。

さらに、お味噌の種類によっても美容効果は様々。なかでも赤味噌に含まれるメラノイジンには、アンチエイジングと代謝アップ効果が! バストアップをしつつ、若々しさとメリハリボディが欲しいと願う女性にピッタリな食材です。

 

毎日飲むお味噌汁だからこそ、より美味しく、効果的に摂取したいですね。最もお手軽な育乳法、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ 米国女子流!「バストトップの黒ずみ」で悩まなくなるピンクケア4つ

※ ちっぱい女子はマスト!着るだけで悩殺「バスト3割増」服5種

※ 通勤電車で密かに実践!くびれ・バストアップに効く「ながら体操」

※ ただ飲むだけ!「ぷるぷるバストがわんさか育つ」最強育乳ドリンク

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【姉妹サイト】

※ モテ度も仕事力もUP!? 始めた途端に「男性にモテる」職業が判明

※ 意外過ぎる結果!みんなが髪型を参考にしている女性タレント1位は