炭水化物をさらに投入!? 「カレーに合うチョイ足し具材」私選4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人も子供も大好きな食べものと言ったら、”カレー”。市販のカレールーで作るものも、レストランやカフェで食べるものも美味しいのですが、毎回同じような食べ方だと少し飽きてしまうことも……。

そこで今回は、いつものカレーが大変身する”ちょい足し食材”をご紹介していきたいと思います。

 

■納豆にキムチ…発酵食品との相性抜群!?

「カレーに入れると意外とおいしい食材ランキング」という『gooランキング』の調査によると、1位に納豆、2位にキムチ、3位にレンコン、その他にはキャベツ、りんご、天カスなどがランクインしていました。この結果からも、カレーと発酵食品は相性が良いことがうかがえます。

ですが、カレーに合うちょい足し食材はこれだけではありません。ビューティーフードアドバイザーの筆者が実際に試してみた中でも、特にオススメのちょい足し食材は、下記のとおりです。

 

■まだまだあった!カレーに合うちょい足し食材

(1)トマト

カレーにトマトをちょい足しすると、味がまろやかになります。また、トマトの酸味が良いアクセントにもなってくれます。ただし、皮つきのままだと少し食べにくいので、湯むきをして皮を取り除いたものをちょい足しすることをオススメします。

(2)お餅

お餅の食感・カレールーのからみ具合は何とも絶妙。小さく切ったお餅を、オーブントースターや電子レンジで加熱してからちょい足ししましょう。カロリーが気になる方は、お米の量を少なめにすると良いでしょう。

(3)ココナッツオイル

今流行りのココナッツオイルは、カレーの味に深みを出してくれます。野菜や肉を炒める際は、いつもの油からココナッツオイルに変えてみるのも良いかも。その際は、甘みのあるさつまいもやかぼちゃを使うのもオススメです。

(4)レーズン

疲労回復や整腸作用、貧血予防に期待できるレーズンなのですが、細かく刻んでカレールーに混ぜることで、辛さを残しつつもまろやかな味わいを生み出してくれます。美味しく食べてキレイになれるなんて、女性にとっては嬉しいですよね。

 

今や、日本の国民食にもなりつつあるカレーを、飽きることなく美味しく食べ続けるためにも、色々な”ちょい足し”を試してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

これなら私でも!「食べても痩せ子」に学ぶ…ちょっとした習慣5つ

体の芯から強くなる!美女が続々ハマる「パレオ食」に注目っ

可愛いどころか逆効果!「もう男が飽き飽きしてる」ウザモテ仕草5選

マジ帰りたい…!退屈デートがサクッと終了「お開きキラーワード」

※ 自宅でオフィスで1日10回!「下腹ぽっこり」がスッキリ凹むエクサ

 

【姉妹サイト】

※ ほっといても脂肪が燃える!春までに「痩せ細胞」を増やす秘訣とは

※ あぁ眠すぎ…!ガマンできない「退屈な打ち合わせ」を劇的に変えるコツ3つ

 

【参考】

カレーに入れると意外とおいしい食材ランキング – gooランキング