美容的にもオイシイ!肌にも歯にも…「イチゴ活用法」使える4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の時期に、よく目にするイチゴ。朝食のスムージーやおやつとして食べている方も多いかと思います。もちろん食べても美味しいですが、そんなイチゴは美容にも大活躍してくれるのをご存知でしたか? 

今回は、そんなイチゴの使い方についてご紹介します。

 

■1:マスクでつるつるスッキリ肌に

イチゴにはAHAというフルーツ酸が含まれています。これは、古くなった角質を溶かしてくれる自然な酸で、肌に優しくピーリングができる成分としてもおなじみ。そのため、肌に使うと汚れや角質が取れてすっきりクリアな肌になれます。

オススメの使い方はマスク。ココナッツオイルやはちみつ、もしくは手持ちの保湿クリームなどの保湿成分とつぶした2〜3個のイチゴを混ぜて、顔にのせるだけ! 10分ほどしたら、ぬるま湯で流してさらにクリームを塗りましょう。

ちなみに、女優のケイト・ハドソンもイチゴを使用したパックをしていると告白していたそうです。

 

■2:牛乳をプラスしてニキビ対策にも!

イチゴはAHAに加えてビタミンC、サリチル酸も含むため、実はニキビにも効果的。つぶしたイチゴと牛乳を合わせ、ニキビ部分にのせましょう。10分ほどしたら、ぬるま湯で流します。

 

■3:ボディスクラブにも使える!

イチゴはAHAとともに、ひとつひとつのつぶが角質を取る役割もしてくれます。そのため、ボディのカチコチ部分にも最適。ココナッツオイルなどオイル系とつぶしたイチゴを混ぜ、ひじやかかとなどにのせます。優しく円を描くようにマッサージして、お湯で流すとつるつるになりますよ!

 

■4:米国美女にはおなじみ、歯のホワイトニングとしても!

上記以外にも、イチゴは歯のホワイトニングとしても有名。食べるだけでも効果がありますが、もっとプラスするなら、重曹とつぶしたイチゴを歯につけましょう。3〜5分ほどしたら洗い流して、歯磨き粉で歯を磨きましょう。

最後に、歯間に粒が残ってないかチェックするのも忘れずに。コレは、ホワイトニングケアを徹底している米国女性にはおなじみの方法です。

 

イチゴをたくさん買った時、お菓子作りの際に余ってしまった、なんていう時には是非試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 1杯の●●が効果的!ぶくぶく太りを防ぐ「たった3つの寝る前習慣」

世界に一つだけ!身近な食材で「自分だけのオリジナルリップ」を 

頑固な汚れに…コーラ!? 掃除で使える「意外な調味料&食材」5つ

食べるだけじゃない!実は美容に使える「意外な食材」6つ 

※ ミランダ・カーも!万年ダイエッターのための「救世主ドリンク」とは

 

【姉妹サイト】

※ 伊達メガネだってOK!国が太鼓判を押す「正しい花粉症対策」とは

※ えっそんな素朴なの!? 「高収入な人の95%が好む」意外な食べ物とは