むしろシワが目立つ?高級クリームも台無し「勘違い目元ケア」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目元のシワやたるみは、年齢の印象を大きく左右します。そのため、毎日アイクリームでのケアは欠かせませんよね。

しかし、アイクリームはただ塗ればいいというわけではありません。実際、ささっとつけるだけでは効果が半減してしまいます。

そこで今回は、やりがちなNG目元ケアを紹介。自分もしていないか、チェックしてみてください。

 

■1:シワ部分にのみつけている

シワを瞬時に消すようなシリコン入りタイプのものであれば、シワ部分のみに使ってもOKですが、そうでなければ、シワ部分だけでなく目元全体につけましょう。

たるみやシワは、その部分だけでなく、目元全体がハリを失ったことによりできてしまいます。今後のシワやたるみ対策としても、必ず目の下、目の上と全体にきちんとつけましょう。

 

■2:分量が少ない

顔全体のクリームや美容液同様に、高価だからといってちびちびと少なめに使ってはいませんか? それでは滑りが悪く、指に力が入ってしまうため、余計に肌への負担が掛かり、目元のシワを強調させてしまいます。必ず決められた分量をパッケージで確認し、その適正量を守りましょう。

 

■3:指は2本以上、もしくは中指を使っている

目元は皮膚が薄く、とっても敏感な部位です。そのため、2本以上の指を使ってのマッサージや、中指を使ってのマッサージだと、余分な力が掛かってしまう恐れが。つける際の指は中指1本のみ、そして優しいタッチで行いましょう。

 

■4:マッサージを目頭から目尻に向かってしている

目の下の筋肉は、目尻から目頭に向かって通っています。そのためマッサージは内から外ではなく、外から内へくるくると円を描くようにするのが基本。顔全体のマッサージは内から外なので、間違えやすいですが、目の下だけは反対と覚えておきましょう。

目の上は内から外、それからこめかみを通って目の下は外から内、と目の全体を円を描くようにマッサージすると分かりやすいので、試してみてください。

 

自分は当てはまっていませんでしたか? せっかくの高級アイクリームも使い方を間違えては意味がありません。効果を最大限に得るためにも、今日から正しい使い方を始めましょう!

 

【関連記事】

なんだ簡単!のっぺり顔を「奥行き美人顔」にするアイメイク術3つ 

眼科医が厳重警告!目元トラブルを招く「アイメイク」落とし穴3つ 

※ よし小顔!口の中でクルクルするだけ「舌トレ」でむくみ解消

毎日使うからこそ怖い!目元メイク「チップを避けるべき」理由 

いつものジュースでパック!「マイナス4歳に見える目元ケア」2つ

 

【姉妹サイト】

※ 忙しくても短時間でキレイな肌に!働く女性の「美肌メイク」のコツ3つ

※ 専門医が伝授!「眠れない夜」がなくなるあまりに簡単な解決法4つ