仕事効率大幅ダウン!「スマホ依存症」をスッと断ち切るコツ5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電車での移動中だけではなく、カフェでお茶を飲んでいるとき、友達と会っているとき、トイレに行くときでさえ”スマホを手離せない”という方は少なくありません。

また近頃は、「スマホでの文字入力は得意だけど、PCのタイピングは苦手」という学生や社会人が増えてきているといいます。これらに心当たりがある方は、”スマホ依存症予備軍”だと言うことができるでしょう。

では、現実社会での人間関係や仕事、美容・健康面にも支障をきたすスマホ依存症から抜け出すためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

■1:SNSはログアウトしておく

SNSへの投稿やチェックが好きな方は、”見たらログアウトする”という習慣をつけると良いでしょう。そうすることで、ログインするわずらわしさからSNSをチェックするのが面倒になり、回数も減るはず。

 

■2:予備電源や充電器を持ち歩かない

予備電源や充電器を持ち歩いていれば、いつ充電が切れても焦ることはありません。そして、その油断から、ついスマホを使い過ぎてしまうこともあります。

反対に、充電するすべがなければ、自然とスマホの使用を制限するようになるので、試してみてください。

 

■3:手帳タイプのケースを使う

手帳タイプのスマホケースは、いちいち中を開かなくてはいけない上に、片手での操作がしにくいという特徴があります。スマホ時間を減らしたいという方は、あえて手帳タイプのスマホケースを選んでみるのも良いでしょう。

 

■4:音楽プレーヤーと分ける

スマホと音楽プレーヤーが一緒になっている方は、「音楽をかける際に、つい……」「音楽を変更する際に、つい……」と、”つい”他のスマホ機能を操作し始めるきっかけを作ってしまいます。

スマホと音楽プレーヤーは分けることをオススメします。

 

■5:スマホ依存対策用のアプリを使う

スマホ依存対策として、スマホを使えない時間を作るアプリも配信されています。あらかじめ、使用時間と禁止時間を設定しておくと、半強制的にスマホ離れをさせてくれるので、最終手段として使ってみるのも良いかもしれませんね。

 

以上、スマホ離れをするための5つの方法をお伝えしました。”スマホ鬱”なんて言葉もあるように、スマホの長時間使用はあまりオススメできるものではありません。これを機に、スマホ時間を見直してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

悔しいっ!できそうで難しい「あげまん妻」が絶対やらないこと5つ

●●やめたら30代がみるみるラクに!今変えるべき「6つのこと」

火傷や肌荒れまで!スマホが及ぼす「健康への深刻なトラブル」3つ

頬や顎がたるむ「スマホ顔」予備軍多数!スマホ依存度自己診断

※ たった1分!超絶簡単なのに「みるみる肩こり解消ストレッチ」

 

【姉妹サイト】

※ 今こそ見直す!? SNSに疲れた働き女子が「ブログに出戻る」ワケ

※ 意外過ぎる結果!みんなが髪型を参考にしている女性タレント1位は