女の本音…ぶっちゃけ!もらって心底困った「ホワイトデーのお返し」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性の皆さん、今年のバレンタイン、チョコはどのくらいもらいましたか? 約1か月後には、バレンタインデーのお返しを渡す、ホワイトデーがやってきます。

義理チョコの習慣が定着したせいか、女性の皆さんは“実はもらって困ったお返し”を受け取った経験のある人も多いのではないでしょうか。

そこで『美レンジャー』では、ホワイトデーにもらって困ったお返しのについて、アンケートをとりました。399名の女性から得られた、様々な経験談をご紹介します。(協力:クリエイティブジャパン)

来月、お返しをしようと思っている方は、この結果を参考にしてみてくださいね。

 

■1:わたしたちそういう仲でしたっけ!?

人間関係を円滑にするために、義理チョコをたくさん配る女性もいます。日頃の感謝の気持ちのつもりだったのに、お返しにセクシーなものをもらうとちょっと引いてしまう女性が多いようです。女性のリアルな声をお聞きください。

「いつもありがとうございますという意味を込めた義理チョコに、下着を返されてかなり困惑した。あの時のことがいまだに忘れられない」

「うけを狙った派手なパンティーをもらった」

「バイト先の上司からブラとショーツ、赤のセットを渡されて怖かった。サイズを知る関係でも何でもないのに!」

「おっぱいチョコをもらい、受け取ったこっちがすべった感じになった」

彼氏や旦那様でない限り、下着は引かれてしまう可能性が大。セクハラともとられかねない!? 職場の人間関係を振り返り、お返しをあげる前に再考してみましょう。

 

■2:高級なお返しにびっくり

義理チョコに対する高価なお返しは、時に女性を困惑させてしまうことがあるようです。年齢や関係性にそぐわないためでしょうか? アンケートで目立っていたのはこんな回答です。

「ブランド物のバックをお返しされたが、私の好みではなかった。しかし、捨てることも売ることも出来ず困ってしまった」

「上品だが、高すぎるアクセサリーをもらい、重かった」

「義理チョコなのにアクセのお返し(特に高価ではなかったが)」

「会社の上司に、営業で一緒になった時に、百貨店に連れて行かれ、ホワイトデーのお返しにブランドのイヤリングを買ってもらい、その後、会社に行くたびに、しているかどうか見られていた」

「本命チョコであったが、お返しに小型犬をもらって困った。犬は欲しいと言っていたが、予告なく貰うと困る」

どうやら、あげたものより、桁違いに高価なものを受け取ると、そんなつもりではなかったのに……と女性が引いてしまうようです。欲しかった子犬をプレゼントされたら、嬉しい反面、生き物を飼う心の準備を含め、複雑な思いになりますよね。

 

■3:同じ失敗をしないで!珍回答集

贈答につきものの一喜一憂。可愛らしい思い出になるか、笑い話になるかは神のみぞ知る!? 女性がどんなお返しに反応するのかがわかる回答です。

「結婚前の主人が、タキシードを着て体にリボンを巻いてあらわれたこと」

「3倍返しどころか半分返し」

「お姉さんが作ったマシュマロを返されて、食べてみたがおいしくなかった」

「マフラー。今頃もらっても困る、来年使うのか」

「抱き枕をもらって盗聴器が入ってるかと心配になった」

「自分が作曲して、歌を入れたテープ、聞いた感想を聞かれて困った(聞かずに破棄したので)」

思いが込められ過ぎているものや、存在感の強いものは、いただいた後にどうしよう……と思われることが多いようです。あげたものに釣り合わないと、カチンとくる女性もいる!?

 

上記のような回答もありましたが、アンケートで多かったのが「どんなものでももらったら嬉しい」という優しい回答。一方、「もらったことがないのでわからない」というものもありました。

男性のみなさん、義理には義理でなにかしらお返しをしてあげましょうね。女性のみなさんは、是非、彼や旦那さんにそれとなく欲しいものをオファーしておくのもいいかもしれませんね。

 

【関連記事】

マシュマロはNG?ホワイトデーお返しに隠された真の意味

知らなかったではヤバイ!外国では通用しない日本人の礼儀3つ

なんと「何もしない」のが普通!? バレンタインのお返し事情

え…やってたよ!カレの箸も止まる「NG食事マナー」まとめ

自宅でオフィスで1日10回!「下腹ぽっこり」がスッキリ凹むエクサ

 

【姉妹サイト】

「カッコイイ」よりコレ!男が女性に一度でいいから言われたい言葉とは

仕事より疲れる!女心が理解できない「トンチンカン男」危険な特徴3つ

 

【参考】

※ ボイスノートインターネットリサーチ – クリエイティブジャパン