丸顔だとヤバイ!?「ほうれい線ができる人・できない人」違いはココ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たった1本のラインなのに、あるのと無いのでは見た目年齢に大きな差が出てしまうのが、ほうれい線。年齢と共に自然と口元にラインができていたら愕然としてしまうものです。

でもアラサー、アラフォーと年を重ねても、ほうれい線と無縁な女性がいるのも事実。

では、ほうれい線ができる人とできない人の違いは一体何なのでしょうか?

 

1:頬の肉

ほうれい線は頬の筋肉が弱ってたるんでくることが一番の原因です。頬や口のまわりの筋肉が衰え、脂肪を支えきれないときにほうれい線ができてしまいます。だから頬の肉がぷにぷにと柔らかい人は、筋肉が少なくほうれい線ができやすくなってしまいます。

 

2:顔の形

丸顔やたまご型の顔の人や、下膨れタイプの人は、ほうれい線を作る元となる脂肪が多い人ということ。ですから逆三角形型の人とは違って、ほうれい線ができやすい要因を持っていると言えます。

 

3:食事の仕方

普段食事をするときに、いつも片方側だけで噛む癖があるなら要注意。片側だけで常に噛んでいると、頬の筋肉の発達に左右で大きな差が出てきてしまい、これがほうれい線を作る原因になってしまいます。

 

4:寝るときの癖

仰向けなら問題ありませんが、いつも右側または左側どちらか横を向いて寝ているなら、それも危険。どちらか一方の頬だけ、肉が垂れ下がってほうれい線がクッキリ癖づいてしまいます。

 

5:日常の癖

日常生活の中で気をつけたいのは、パソコンやスマホの長時間にわたる使用。パソコンやスマホはどうしても前かがみの姿勢になって見ることが多く、これを長時間続けていると、頬がたるみやすくなってしまいます。

 

生まれ持った骨格や肌質などもほうれい線のできやすさに影響を与えますが、普段の生活の中で努力してできないように予防することはできます。ぜひこれらに注意して、ほうれい線知らずの若々しい印象をいつまでもキープしましょう。

 

【関連記事】

※ 1杯の●●が効果的!ぶくぶく太りを防ぐ「たった3つの寝る前習慣」

【動画あり】リップでOK!「夕方のくっきりほうれい線」カバーテク

たるみやほうれい線に効く!「ガムを3分食べるだけ」衰え防止術

みんな間違ってる!輪郭矯正師が教える「本当のほうれい線ケア」

老け効果は破壊的!「ほうれい線」は口内モミモミで簡単解消

 

【姉妹サイト】

※ 昔15歳だった全ての大人へ…新垣結衣主演の感動作「くちびるに歌を」

※ 暑がり派vs寒がり派!「職場の室温戦争」に戦わずして勝つ裏ワザ2つ