バストアップにも有効!「30分に1回のアレ」で辛~いコリを解消

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や勉強に集中すると、ついお手洗いに行くのも忘れて同じ体勢で座り続けてしまうことはありませんか? 同じ体勢で居続けると、当然体の血流が悪くなり、ボディ崩れや痛み・コリに繋がります。

“でも運動する時間なんてない!”という方のために、パーソナルトレーナーでもある筆者が、オフィスで簡単にできるストレッチをお伝えします。

 

■同じ体勢は30分までが原則!

PCを使用しているときは、肩や首が前に出て胸が縮み、股関節周りのリンパや血液循環が悪くなりがちです。

血流が悪くなると、水や老廃物がたまってむくみやすくなりますし、活動量が少ないため消費エネルギーが低く、脂肪蓄積につながります。女性が求める上向きヒップやバストのために必要な筋肉の活動も少ないと言えます。

原則として、同じ体勢でいるのは30分までと心得ましょう。可能な方は15分に1度は、関節を動かすストレッチを行いましょう。

 

■背伸びでリセット

15分に1度のストレッチが難しい方は、30分に1度は背伸びをしてくだい。肩甲骨や首回り、脊柱、股関節、膝関節など、体の関節を大きく伸ばすことで、筋肉のこわばりがほぐれ、循環がよくなり、コリや冷え性などが解消しやすくなります。

また、筋肉の柔軟性がアップすることで関節可動域もアップします。その結果、普段の動作も行いやすくなり、消費エネルギーもアップします。精神的なリラックスも得られるため、体と心の両面によい作用が生まれます。

 

■正しい背伸び方法

(1)足は骨盤幅に広げ、つま先と膝は真正面を向けておきます。腹横筋(腹部)と多裂筋(背部)、膣(骨盤底筋群)、大臀筋(尻)に力を入れて、おへそを縦に長く伸ばすように背筋を伸ばします。

(2)胸を大きく開き、鎖骨と頭の後ろのすじが天井にひっぱられているようにすっと伸ばします。両手は体側におろし、手の甲は真横を向けておきます。

(3)足の親指と小指に体重を分散させ、つま先立ちになります。お尻に力を入れたまま、ゆっくりと両手を天井高く上げます。

(4)口から息を吐きながら、背中の肩甲骨を寄せるようにして両手を体の真横に戻します。数回繰り返しましょう。

 

いかがでしたか。深呼吸を繰り返しながら行うことでより血液巡りがよくなります。気づいたときに行ってみてくださいね。

 

【関連記事】

2つの動きで上向きヒップ!お尻と太もも「境目くっきり」エクサ

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

挙式3か月前!食事でエクサで「自分史上最高ボディ」はこう作る

たった1分!超絶簡単なのに「みるみる肩こり解消ストレッチ」

※ 自宅でオフィスで1日10回!「下腹ぽっこり」がスッキリ凹むエクサ

 

【姉妹サイト】

※ ほっといても脂肪が燃える!春までに「痩せ細胞」を増やす秘訣とは

※ 最悪の展開!外国人と商談中「とんでもない誤解を招く」危険な動作4つ