なめればいいワケじゃない!知っておきたい「のど飴の正しい選び方」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと喉が痛いと思ったときに便利なのが、コンビニや駅の売店など、どこでも気軽に買えるのど飴。でも、そんなのど飴を“なんとなく”選んでいませんか? それでは思うような効果が得られず、喉の痛みもいっこうにひかない恐れが……。

今回は、のど飴の種類とその選び方についてご紹介しましょう。

 

■のど飴の種類

のど飴を定義する基準は特に定められておらず、成分は商品によってかなり違います。その中でも、のど飴は大きく3種類に分けられるようです。1つ目は、いわゆるお菓子の飴で、駄菓子屋などで売っているような飴玉もこれに当てはまります。

2つ目は、医薬品ののど飴。これは咳止め、たん、のどの痛みなど、医薬品としての効能、効果が認められているものです。販売にも許可が必要となるため、薬局やドラッグストア等でしか買うことができません。

3つ目は医薬部外品ののど飴。医薬品に準じて効果が認められているものですが、医薬品に比べるとその効き目はやや劣ります。しかし販売に許可は要らないため、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでも購入できます。

 

■のど飴の選び方

のど飴は糖質がベースになっているため、飴をなめればのどが潤います。しかし、風邪などによるのどの痛み、違和感があったときは、断然医薬品ののど飴を選ぶべき。もしも近くにドラッグストアがなくて急を要する場合や、そこまで辛くはないというときなら、医薬部外品ののど飴を選ぶとよいでしょう。

 

■のど飴のフレーバー

3種類の中から適したものを選んだら、味は好みのものをチョイスしてOK。ハチミツ、生姜など、のど飴にはさまざまな味が出ていますが、味については自分が好きだというものを選ぶと良いでしょう。

花粉症の方なら、ミントはメンソール配合のものを選び、のどと鼻をスッキリさせるタイプがおすすめです。

 

飴といえど、単なるお菓子の“キャンディ”から、れっきとした効能も認められているものまで、実にさまざま。ぜひきちんと知って、いざというときに正しく選んでくださいね。

 

【関連記事】

今話題の「たまねぎ氷」で超簡単に免疫力アップする方法5つ

インフルエンザにも!今こそ「コーヒーより紅茶」を飲むべき理由

水より効果的!? 風邪やインフルエンザに効く「○○うがい」4つ

便秘は超ヤバイ!実はインフルエンザにかかりやすい人の特徴5つ

※ フェイスライン…キュッ!「あいうえお変形体操」で冬のむくみ解消

 

【姉妹サイト】

※ 夕方にたった5分やるだけ!グーグー快眠できる簡単テクニック4つ

※ あちゃー!職場で「協調性がない人」認定されちゃう人の残念な特徴3つ