アイメイクの新常識!旬顔を作る「下まぶたテク」4色の魔法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイメイクというと、アイシャドウやアイライン、マスカラと上まぶたにポイントを置く方が多いと思います。

しかし、濃いアイシャドウや太いアイライン、ダマになったまつげは”流行遅れ顔”の象徴。今は、”下まぶたメイク”が熱いのです。

そこで今回は、なりたいイメージ別の、下まぶたメイクの方法をご紹介していきたいと思います。

 

■1:定番”ベージュアイシャドウ”で目元に輝きをプラス

ベージュのアイシャドウは、肌馴染みの良さNo.1。シーンを選ばずに使える優秀なカラーです。このベージュのアイシャドウを下まぶたにのせることで、涙袋をぷっくりとさせ、目元に輝きをプラスすることができます。

うっすらとパールが輝くような色をチョイスして、黒目の下にのせ、そこから目頭、目尻へと軽く伸ばせばより自然に仕上がります。

 

■2:上気系の色っぽい目元には”ピンクアイシャドウ”

「腫れぼったくなる」と敬遠されがちなピンクアイシャドウは、下まぶたに使うのがオススメです。ピンクをのせるだけで、上気しているような色っぽさや血色改善、くすみを払拭する効果が得られます。

ただし、下まぶた全体に入れてしまうと甘くなりすぎるので、目尻から1/3の部分に控えめに入れると良いでしょう。残りの部分にベージュのアイシャドウをのせると、ピンクが浮きにくくなります。

 

■3:ヘルシーに見せたいときは”イエローアイシャドウ”

目元にイエローが入るだけで、ヘルシーで元気な印象を与えることができます。とは言っても、パステル系のイエローは鮮やかすぎてしまうので、比較的馴染みやすいイエローゴールドを選ぶと良いでしょう。

イエローゴールドのアイシャドウは、目尻から1/2の部分に入れ、その他の部分にはベージュのアイシャドウをのせてみてください。

 

■4:”ラベンダーアイシャドウ”でクールビューティー

洗練された高貴な印象を持つ”ラベンダー”を下まぶたにのせれば、クールな目元に見せることができます。ラベンダーのアイシャドウは、目尻から3/4の部分に入れ、その他の部分にはベージュのアイシャドウをのせてみてください。

 

以上、下まぶたメイクが与える印象についてお伝えしました。このとき、”上まぶたメイク”は、ベージュやブラウンなどの肌馴染みの良いアイシャドウを使って、シンプルに留めるのが鉄則です。

旬の”下まぶたメイク”で、なりたい自分を表現してみるのも楽しそうですよね。是非、試してみてください。

 

【関連記事】

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

コスパ最高!某高級品と激似「定番・青缶クリーム」使い道7つ

300円でまつ毛バサバサ!? 「コスパ最高まつ育」に美容ライター納得

隠したい免許証よサラバ!「自分史上最高の証明写真」が撮れるテク

※ フェイスライン…キュッ!「あいうえお変形体操」で冬のむくみ解消

 

【姉妹サイト】

※ これならデキそう!働き女子が「1年で100万円貯める」6つのアイデア

大学生が選ぶ理想の芸能人夫婦「小栗旬×山田優」が2位、1位は…