ゲッ縮んだ・・・を防ぐ!「ニットの手洗い」で失敗しないプロ直伝テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月10日は「ニッ(2)ト(10)の日」。横浜手作りニット友の会が1988(昭和63)年に制定し、1994(平成6)年には、日本ニット工業組合連合会が全国的な記念日として制定したそうです。

今季はショート丈のニットも流行しましたが、ニットってお手入れが大変なんですよね。お気に入りのニットに限って洗濯したら縮んでしまったり、衣替えの時に虫に喰われていたり……。

そこで今回は、ニューヨーク生まれのファブリックケアブランド『the Laundress(ザ・ランドレス)ルミネ新宿店』店長・下岡さんに、ニットの正しい洗濯法と保管法について教えていただきました。

 

■ニットを洗って縮んじゃった!その原因とは?

「織物の布と違い、ニットは編み糸が直線ではなく沢山の輪になっています。柔らかく伸縮性に富んだ風合いが大きな魅力ですが、糸の隙間が多いので型くずれの悩みがつきものですよね。

ウールやカシミアは、表面がスケールというキューティクルのようなもので覆われています。このスケールが濡れた状態で摩擦が起こると、表面が開いて繊維同士が引っかかり、縮みになって現れるのです」と下岡さん。

やはり洗い方を工夫しないと、型くずれしやすいということですね。

 

■縮まず型くずれしないニットの洗濯方法

下岡さん曰く、「多くの素材は、濡れている時が一番ダメージを受けやすいと言われています。素材に合った洗剤を使って、できるだけ捻ったり、もんだりせずにつけおき洗いをするのがオススメ。通常の着用汚れならつけおきでも充分きれいになりますよ。

特に気になる汚れがあるところには、先に部分汚れ用の洗剤や濃いめの洗剤水をつけておくと、無理なくきれいにできます。中表にして洗濯ネットに入れて洗ったり、洗濯機ではなくバスタオルで巻いて脱水したりすることで、失敗はかなり防げます」とのことです。

 

■普段のニットはハンガーにかけちゃダメ!?

「伸縮性豊かなニットは、ハンガーで吊るすと自重で徐々に伸びて型くずれしてしまいます。特に厚手のものなどはできればオンシーズンでも畳んで、通気性の良いところにしまいましょう。オフシーズンには洗ってしっかり乾かしてから、コットンや不織布の袋に入れるのも良いです。

気になる畳みジワは、着用前にアイロンの浮かしスチームを当てるか、蒸気のあるバスルームに吊るすと解消でき、またふっくらした風合いを楽しめます」とのこと。

 

お気に入りのニットが縮んじゃって(伸びちゃって)ガッカリ……なんてことにならないように、ご自宅でもプロの技を取り入れて、洗濯・保管方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ ルールはたった3つ!処分すべき1枚が分かる「洋服サクサク整理術」

※ 室内干しで湿度3倍!カビが増殖…洗濯物を早く乾かし臭いを防ぐ術

※ 女子力上げたい人必見!「お洗濯」がみるみる楽しくなるコツ3つ

※ 自宅でオフィスで1日10回!「下腹ぽっこり」がスッキリ凹むエクサ

※ 男性が好きな「女性のアンダーヘアの形」第1位は…意外な結果に!

 

【姉妹サイト】

※ 2月の誕生石はアメジスト!身に着ければ恋が長続きするパワーが

※ マジメな人ほど危険!働き女子を襲う「バーンアウト症候群」のサイン3つ

 

【取材協力】

ファブリックケアブランド『the Laundress(ザ・ランドレス)』