やってる人…多数!「みるみる肌が老化する」NGクレンジング法5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅先の温泉やフィットネスジムのスパエリアで、勢いよく顔を洗っている人を見かけて驚くことがあります。加齢と共にしわが気になって……と悩んでいる人が多い反面、そんなやり方で顔を洗っていては、どんなに高い美容液やクリームを使っていてもすべてが台無しです。

そこで今回は、続けてるとお肌の老化に直結する、NGクレンジング・洗顔法について5つご紹介しましょう。

 

■1:負担かけ過ぎゴシゴシ洗い

メイクをすっきり落としたい一心で、ゴシゴシ洗いたくなる気持ちはよくわかりますが、絶対にNG。お肌に負担がかからないように、手をゆっくり動かし、メイクをゆっくりと浮かせるのがポイントです。とにかく、こすり過ぎは禁物。

 

■2:クレンジングのケチケチ使い

お肌のために高いクレンジングを買ってみたものの、もったいなくてケチケチ使っている人、いませんか? 使用量が少ないと本来の機能を果たせず、しかもお肌との摩擦が起きてお肌を傷める原因になります。決められた規定量をきちんと使って刺激を少なくクレンジングしましょう。

 

■3:がっつりメイクなのにポイントクレンジング無し

目元と口元の皮膚は、他の部分に比べて厚さが2分の1以下と薄いです。なので、他の部分と同じようにクレンジングしてしまうと、摩擦による刺激でお肌を傷めてしまうことに。マスカラやアイライナー、アイシャドウ、リップなど、落ちにくいメイクは洗顔をクレンジングで落とす前に、ポイントメイク落としを使用することをお勧めします。

 

■4:それじゃ落ちない!泡なし洗顔

洗顔フォームを顔の上で泡立てようとする人がいますが、それはNG。洗顔料でつければ汚れが落ちるのではなく、泡立てた泡の表面に汚れが吸着して汚れが落ちる仕組みなので、泡がなければ意味がありません。

しっかり泡立てて、その泡を肌にふわっと乗せるイメージで洗顔しましょう。

 

■5:ニキビの原因かも?すすぎ残し

洗顔料のすすぎ残しは、ニキビの原因になります。髪の生え際までしっかり洗い流しましょう。熱いお湯はお肌の皮脂を必要以上に洗い流してしまいますので、ぬるま湯でお肌をこすらないように洗い流すのがポイントです。

 

お肌への刺激・負担を極力避けることが美肌に近づく条件です。自分では気を付けているつもりでも、意外に力が入っていてお肌を刺激しています。お肌はお豆腐を扱う時のようなイメージで、優しくクレンジング、洗顔してあげてくださいね。

 

【関連記事】

※ たった500円!? 「黒ずみ」を徹底ケアする噂のクレンジング

※ 毎日同じクレンジング剤はNG!肌状態別に変えるメイクの落とし方

※ 脂性やニキビで悩む方!「朝クレンジング」で肌質改善が叶うワケ

※ メイク残りは色素沈着を招く?クレンジングのウソorホントを検証

※ 常備しなきゃ!花粉症からストレス対策まで「梅」の実力がスゴイ

 

【姉妹サイト】

※ 庶民的すぎ!激安で美人になれる「菜々緒のライフスタイル」3つ

※ 人には言えない!働き女子を苦しめる「ツラ~い便秘」の原因5つ