【美メイクテク】落ちない! くすまない! ふんわり可愛く魅せるチークテクニック!!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクテクニックって奥が深いんです!!

人の顔は十人十色。

なりたいイメージや、使う化粧品や、使用方法を変えるだけで別人になれるもの。その日の体調や気分でも顔のコンディションは違ったりします。

また年齢を重ねてくると、若かりし頃のメイクが合わなくなったり・・・など悲しいことも(+o+)(+o+)・・・・。

自分の顔の長所や短所を理解した上で、メイクをすることもとっても大切なこと。メイクテクニックで自分のイメージが変わるのならば、色々なテクニックを駆使するべきです!

今回は、そんなテクニックの一つ! チークののせ方を伝授しますね。

顔のパーツの大部分を占めているのが皮膚です。チークをのせる頬って面積が大きいので間違った方法でメイクをしてしまうとイメージが+-にもなる部分なのです。

チークをつけたらかわいくて小顔になるのに・・・とか、もっと薄くしたら上品になるのに・・・なんてバランスが難しい部分でもあるのです。

色のイメージが強く出る部分なので洋服だったりヘアカラー、肌の色、瞳などのバランスがとっても大事になってきます。逆にいうとチークカラーの色を変えるだけで、イメージが変わっておもしろい部分でもあるんですよね。

私のビューティレッスンにいらっしゃるお客様の悩みの中には、チ-クが苦手って方が意外に多いんです。
「もともと、ほっぺたに赤みがあるから、チークをのせると更に赤くなっちゃう」とか「どこにどのくらい入れるべきなのかがわからない」「どの色が合うのかわからない」という理由などなど。

チーク選びは、色と質感が大切。またチークを1色づけしてる方って多いんですが、薄い色と濃い目の2色以上は持っておくととっても便利♪ ただローズ系は、時間がたつにつれて顔色が悪くみえがちだったりするので、初心者向きの色だとコーラル系ピンクや薄いベージュは失敗がなく使いやすいです。

こんな色み達がオススメ☆

チークにはいろいろな入れ方があって入れ方や色味で、顔の輪郭が変わるほど!

キュートに魅せて落ちないチークの入れからをご紹介しますね。練りチークを使う方法です。チークってお粉をつけた後につける人が圧倒的に多いのですが、リキッドファンデーションをつけた後、お粉をつける前にチークをつけると、やわらかくナチュラルな印象になるんですよ。難しいなと思う人は、ファンデーションを塗った後に、練りチークにファンデーションを少し混ぜると、なじんで失敗しません。

場所は、にっこり笑ったときに高くなる部分周辺にのせて丸くぼかすこと。

図のように、クリームチークを塗った周りに、薄い色のチークを重ねると自然なグラデーションが出ます。これをすることで立体感が出て、小顔効果もあり、チークが色あせることなく長持ちする効果が! 是非、試しにやってみて。

ブラシののせ方やオススメチーク、顔型別のアレンジテクニックもあるのでまた今度アップしたいと思います★