ゲッ顔ダニ!?消費期限から不潔アイテムまで「化粧品使い」基本のキ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の片づけをしていたとき、いつのものか分からない化粧品が出てきて、「まだ使えるかな……」と疑問に思った経験はありませんか? 

実は化粧品には消費期限が存在します。キレイになるために使う化粧品は、使い方を誤ると逆に肌荒れを招いてしまうことも……。

そこで今回は、知っておきたい化粧品の基礎知識3つをご紹介します。

 

■1:化粧品の消費期限は未開封で3年

化学成分を使用しないミネラルコスメブランド『MiMC』広報担当の小熊歩果さんにうかがったところ、スキンケアアイテムやメイクアイテムの消費期限は未開封の状態で3年、それ以外の場合はパッケージに表記されているとのこと。開封後は1年以内に使い切るのが理想です。

それ以上時間が経ってしまったものは、配合されているオイルが酸化して、肌荒れを招いてしまうこともあります。アイシャドウなどのパウダーアイテムにもオイルが使用されているので、酸化による変色や香りが変わってしまうことも。開封後は1年を目安に使用してくださいね。

 

■2:汚れたパフを使い続けると”顔ダニ”増殖の危険性も

みなさんはファンデーションのパフを洗っていますか? パフにはファンデーションと皮脂がたっぷりとついているので、雑菌やニキビのもととなるアクネ菌が繁殖しやすい環境になっています。使用し続けることで肌荒れやニキビの原因になることも。

また、そのようなパフを使用し続けることで、顔に存在するといわれる“顔ダニ”の過剰増殖の原因にもなります。顔ダニは多くの人の皮膚に存在し、余分な皮脂を食べてくれるので通常はそこまで気にする必要はありませんが、過剰に増殖すると治りにくいニキビや乾燥、肌荒れを引き起こします。

『美レンジャー』過去記事「雑巾並に不潔!ファンデのパフを洗わないと“顔ダニ”が増殖する」を参考に、定期的にパフを洗って使用してくださいね。

 

■3:ファンデーションと下地は“セット使い”が理想

ファンデーションと下地は、それぞれ別のメーカーのものを使用しているという人も少なくありません。もちろん気に入っている場合は無理に変える必要はありませんが、仕上がりやメイク持ちを求める場合は、同じブランドのものを使用するのがおすすめ。

凹凸がピタリと合うように、同じブランドのものはファンデーションと下地がお互いピタッと密着するように作られているので、崩れにくく長持ちするというメリットがあります。

また、BBクリームや下地が不要なファンデーションも最近は存在します。それらは下地を使用しなくてもファンデーションが肌に密着するように作られているので、あえて下地を使う必要はありません。

 

以上、知っておきたい化粧品の使い方を3つご紹介しました。これらを参考に、スキンケアやメイクを楽しんでくださいね。

 

【関連記事】

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

眼科医が厳重警告!目元トラブルを招く「アイメイク」落とし穴3つ

「まつ毛にダニが繁殖」アイライナーが引き起こす恐ろしい弊害

※ 3ステップでシミが消えた!「魔法のコンシーラーテク」公開

 

【姉妹サイト】

※ オバ肌まっしぐら!化粧を落とさず寝ると起こる「恐ろしいこと」3つ

※ バレンタインにコレ!オトナの働き女子が家族に贈る「高カカオチョコ」とは

 

【取材協力】

※ 小熊歩果・・・ナチュラルコスメブランド『MiMC(エムアイエムシー)』PR。学生時代の肌トラブルの経験から、ナチュラルビューティーに興味をもち、漢方、メディカルハーブ、フラワーエッセンスなど、様々なナチュラルセラピーを学ぶ。自身のブログにて、ずぼら女子でも簡単に取り入れられる“プチナチュラルビューティーライフ”を発信中。