デカ目度アップ!一重に離れ目…「目のタイプ別」マスカラの塗り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様はマスカラを選ぶときに何を基準にしていますか? カール? ボリュームorロング? 重視する点は様々かもしれませんが、「まつげを長くして、できるだけ目を大きく見せたい!」というのが全女性の願いではないでしょうか?

そこで今回は、海外女性情報サイト『Women’s Health』の記事を参考に、目の形で違うマスカラの塗り方をご紹介します。マスカラを塗るときに、いつもより少しだけ気をつければ、あなたの目をぐりんぐりんに見せることが可能なんですよ!

下準備として、ビューラーでまつげをきちんとカールさせ、マスカラベースを塗っておくのはどんな目のタイプも必須。ついついベースを忘れがちですが、習慣にし、以下のタイプ別の塗り方を参考にしてみてください。

 

1:一重まぶた

一重まぶたさんが気をつけなければいけないのは、まつげを“多く”見せすぎないこと。まつげを過剰にボリュームアップしてしまうと、目のラインが消えてしまい、まぶたを一段と重く見せてしまいます。

一重まぶたさんは、ボリュームよりも“ロング”に特化したマスカラを選んでくださいね。

 

■2:細い目

細い目を大きく丸く見せるためには、マスカラの2度塗りは欠かせません。まず1度目は、まつげの端から端まで、まんべんなくマスカラをつけます。2回目は、“目の中央”だけにマスカラを塗ります。こうすることで目に立体感を持たせ大きく見せることができるんです。

マスカラのブラシは細いタイプの方が、まつげの中央だけに塗りやすく、ダマになりません。

 

3:目の位置が顔の中心によっている

目の位置が顔の中央によっている方にも、マスカラの2度塗りをオススメします。1度目は、まつげ全体にマスカラを塗り、2度目は、目尻にマスカラをたっぷりつけます。

目尻のまつげをボリュームアップすることで、そこに目線を集めバランスのよい顔立ちを演出できるんです。目尻にマスカラを塗るときは、マスカラブラシを左右に小刻みに動かすようにして、数回つけてくださいね。

 

4:目の位置が顔の中心から離れている

目が離れ気味の方も、マスカラを2回つけてください。始めはまつげ全体に、最後に太いブラシのマスカラで目の中央から目頭までたっぷり塗って仕上げます。目尻と同じようにマスカラを左右に小刻みに動かして数回塗ってください。

目頭のまつげは短いので、太いブラシタイプのほうがまつげにからみやすく、オススメです。

 

性能でマスカラを選ぶ方は多いと思いますが、まずは、あなたの目の形に合った塗り方をマスターしましょう。その上で、ご自分の塗りやすいマスカラを選んでくださいね。

 

【関連記事】

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

※ アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

※ 「短い・細い・少ない」まつげの悩みを解決するマスカラメイク術

※ 飲み会後も「メイク直し不要」!真っ黒パンダ目はこれで防げるっ

※ 2本使いするだけ!「シミもクマも即消え」するコンシーラーテク

 

【姉妹サイト】

※ えっソコがイイの!? 「男性がメロメロになる」 働き女子の魅力ポイント3つ

※ 放置するとヤバイ!「ヨボヨボ脳」にならないための簡単な趣味4つ

 

【参考】

※ 5 Mascara Tricks to Make Your Eyes Look Even More Amazing – Women’s Health

 

【画像】

※ by © kassandra / Dollar Photo Club