目力最強に!塗り残し・くっつき・下向き…「残念まつ毛」改善テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の周りを縁取る”まつ毛”は、顔の印象を華やかにしてくれるパーツ。アイシャドウを塗る時間や、アイラインを引く時間がなくても、「マスカラだけは欠かせない」という方は多いのではないでしょうか。

そこで気を付けたいのが、目頭や目尻の塗り残し、まつ毛同士のくっつき、カール力のなさ。これでは、マスカラを塗っていても、効力を発揮できません。

今回は、これらの”まつ毛悩み”を改善するテクニックをご紹介したいと思います。

 

■まつ毛の3大悩みと改善テクニック

まつ毛にまつわる一般的な悩みは下記の3つです。

(1)塗り残し

特に多いのが、目頭と目尻の塗り残し。まつ毛が短い方や、大きいマスカラブラシを使っている方によく見られます。細部の塗り残しをなくすには、小さいマスカラブラシを使って細かいまつ毛をキャッチするのが効果的です。

(2)くっつき

まつ毛同士がくっついてしまうのは、マスカラ液の付け過ぎが原因です。

マスカラブラシを容器から出したら、マスカラ液をティッシュで軽くオフしてまつ毛に塗っていきましょう。そうすることで、くっつきやダマを防ぐことができます。シャカシャカとブラシを出し入れしたり、容器の口の部分でしごいたりするのは、マスカラ液の質を悪くするのでやめましょう。

(3)下を向いてしまう

まつ毛がカールしないときは、化粧水やアイクリームの水分・油分がついている可能性があります。

ビューラーを使う前に、まつ毛をティッシュで押さえてみてください。また、まつ毛の先端にマスカラ液が付き過ぎていても、下がってきてしまいます。マスカラは、根元にしっかりと塗り、先端はスッと流す程度に塗りましょう。

このような、ちょっとしたコツをマスターすれば、まつ毛悩みは改善されるでしょう。ただ、なかには「不器用だから自信がない」という方もいるはず。でも大丈夫! パッと開いた”扇まつ毛”を実現する簡単な方法があるのです。

 

■ちょこちょこ塗りにサヨナラ!”スワンネック”マスカラで扇まつ毛を実現

どんなに器用な方・マスカラメイクが得意な方でも、マスカラを塗るときは、ブラシの向きや角度を何度も変え、”ちょこちょこ塗り”をしてしまいがちですよね。それは、目の形と関係しているから。

目の形は球状なので、マスカラを塗るときに手が届きにくい部分があります。そのため、すべてのまつ毛を捉えられなかったり、利き手と反対側のまつ毛にマスカラを塗りにくかったりするのです。

そんな悩みを解消してくれるのが、『ランコム』から新しく2015年1月30日(金)に発売されるマスカラ『グランディオーズ』(税抜4,200円)。なんとこのマスカラ、柄の部分がねじれた”スワンネック”構造になっていて、ブラシを鼻越しに使ってマスカラが塗れたり、利き手とは反対側のまつ毛にも簡単に塗れたり……と、とても画期的。

使い方はとても簡単で、指の間で柄を回転させるだけ。これまで塗りにくかった部分のまつ毛を、簡単にメイクできるようになったのです。

 

これなら、マスカラテクニックに自信がない方でも、簡単に”扇まつ毛”が作れそうですよね。2015年は、クルンとカールした上向きまつ毛でスタートしてみませんか?

 

【関連記事】

意外にやりがち!まつ毛がくるんとカールしないNG習慣5つ

今すぐやめないと危険!「まつげハゲ」になっちゃうNG習慣8つ

ひと手間で「すごい目元になれちゃう」マスカラテク9つ

なんだ簡単!のっぺり顔を「奥行き美人顔」にするアイメイク術3つ

※ 眉マスカラいらず!自宅で手軽に美眉を作る「あか抜け脱色」テク

 

【姉妹サイト】

※ あのモテ顔もNG!? 「初対面で相手をムカつかせる」女の特徴3つ

※ 働く女子こそつながり重要!先の見えない時代を生き抜く「3つの準備」とは

 

【参考】

ランコム