デロデロ崩れを最小限に!「化粧直し」に有効な保湿アイテム3選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、しっかりスキンケアして、メイクして会社に出勤したのに、ランチタイムにはもう小じわにファンデーションが溜まっていて化粧が崩れている……なんてガッカリしている人、いませんか?

2014年に『ナチュラグラッセ』を展開する、『ネイチャーズウェイ』が行った「メイク崩れについてのアンケート」によると、「メイク直しをしたいのにできない時が多い」と回答した人が72%もいることが判明。多くの女性がメイク崩れ・化粧直しに苦労していることが伺えます。

そこで今回は、化粧直しのコツとメイク直しに役立つアイテムを3つご紹介します。

 

■化粧直しはいつがベスト!?ただ単に重ねて塗っては厚塗りの原因に

メイク直しを昼休みに行う人は多いと思いますが、崩れ始めた時であれば直すのは簡単です。でも、崩れたまま長時間放っておくと直すのも一苦労。仕事中に頻繁に化粧室へ行くのは難しいかもしれませんが、メイク直しはこまめに行うようにしましょう。

皮脂や汗によってよれてしまったファンデーションをキレイにしようと、そのまま上からファンデーションを重ね塗りしてしまうのは絶対NGです。楽しようとしてそのまま重ねると、重ねた部分はすぐよれてしまいます。

メイク直しの時もベース作りが大切。まずは、ティッシュやスポンジなどでよれてしまった部分の皮脂や汚れを取り除き、その上から保湿アイテムを投入すると直したメイクのもちが良くなりますよ。

 

■メイク直しに役立つアイテム3選

メイク崩れが乾燥による過剰皮脂分泌である可能性がある方は、メイク直しの時にぜひ保湿アイテムを導入してみてください。メイク直し時に使える、現在発売中のアイテムを3つご紹介いたします。

(1)イプサ『ザ・タイムR デイエッセンススティック』

うるおい保湿成分が約65%配合されているスティックタイプの美容液。日中のカサつくお肌にひと塗りすればお肌のうるおい感がアップします。ファンデーションの上からすーっとお肌に滑らせると、お肌のキメに落ち込んでいたファンデーションが馴染んで、お肌をなめらかに見せてくれます。スティック状で持ち運びも便利です。

(2)アクセーヌ『モイストバランス R』

最初はジェル状なのですが、お肌の上になじませると液体に変わり、お肌にすーっと入り込んでいく感じです。お肌に優しい低刺激性・無香料・無着色・アルコール(エタノール)フリーです。

ジェルをメイクスポンジに少し取り、粉浮きやヨレが気になる部分を中心に、押さえるように優しくなじませてからパウダーファンデーションを塗りましょう。カサついた肌がしっとり落ち着き、キレイに仕上がります。

(3)ミキモト コスメティックス『トーニングミスト』

メイク直しの王道アイテムと言えば“ミスト”ですよね。スプレーするだけで簡単に保湿できるので、使用中の方も多いのではないでしょうか。ただ、スキンケア成分が入っていない水分のみをスプレーしても、お肌の乾燥が進行するだけなので要注意。

このミストはスプレーすると清涼感があり、商品名の通り、お肌をトーニング(収れん)してくれて、べたつき・毛穴が気になるお肌を引き締めてくれて、メイク直し後の崩れを緩和してくれる効果が期待できます。

 

メイク直しを面倒だと感じている人も多いと思いますが、メイクが崩れたままだと疲れた顔の印象になり、メイク効果が台無しです。汗をかいたり、皮脂が出たりする以上、メイク崩れは避けられません。メイク直し後の化粧もちが良くなるアイテムを投入して、正しい方法で直し、化粧崩れに負けないお肌を目指しましょう。

 

【関連記事】

※ アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

※ 絆創膏で二重メイク!? プロも仕事現場で使う意外な神アイテム3選

※ 飲み会後も「メイク直し不要」!真っ黒パンダ目はこれで防げるっ

※ 逆効果!ますますドロッドロに崩れる「勘違いNGメイク直し」3つ

※ 2本使いするだけ!「シミもクマも即消え」するコンシーラーテク

 

【姉妹サイト】

※ 冬のスキンケアに活躍!働く女性の「美容オイル」上手な選び方のコツ4つ

※ 女性の4割が「土偶肌」!? 桃肌になるには化粧品より●●を変えるべし

 

【参考】

メイク崩れについてのアンケート – ネイチャーズウェイ