縦ジワは要注意!「唇の老化」がみるみる加速する…悪習慣5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢とともに顔にシワやたるみができてくるように、唇も年々老化します。ふっくら感とハリが低下し、唇に厚みがなくなったり、縦ジワが増えたりもします。今現在、縦ジワが気になる人は老化が進行している可能性も……。

そこで今回は、唇の老化を加速させるNG習慣を5つご紹介します。

 

■唇をとがらせるクセもNG!唇の老化を加速させるNG習慣5つ

(1)唇の乾燥を放置する

肌が乾燥すると小ジワやたるみになりやすいように、唇も乾燥することで縦ジワが増えてしまいます。唇には皮脂腺がなく、角質層が極めて薄いことから、他のパーツより乾燥しやすいので、乾燥が気になったらリップクリームなどで保湿することが大切。唇をなめるのは、より乾燥を深刻化させるのでNG。

(2)唇の紫外線対策をせずに外出する

唇は角質層が極めて薄く、バリア機能が弱いため外部刺激を受けやすいパーツ。紫外線のダメージを受けると乾燥しやすくなり、コラーゲンが破壊されることで縦ジワができやすくなったり、ふっくら感がだんだんと失われてしまいます。外出時は、UVカット効果が期待できる口紅やリップクリームをつけるのがおすすめ。

(3)「うー」と唇をとがらせるクセ

困ったときや、怒ったときに「うー」と唇をとがらせるクセがある人は要注意。唇に縦ジワが定着しやすくなってしまうことも。できるだけ唇に縦ジワがよらないよう意識することが大切です。

(4)唇をゴシゴシ擦る

食事前やメイク直しのとき、口紅をペーパーでゴシゴシ拭き取るという人は要注意。ゴシゴシ擦るとすぐに皮がめくれ、乾燥を招いてしまいます。また、擦ることで色素沈着も引き起こす可能性があるので、擦らないようにしてくださいね。

(5)喫煙

唇をとがらせるときと同様、タバコをくわえると唇に縦ジワが寄ってしまい、クセになりやすくなってしまいます。また、タバコを吸うことで唇の乾燥を招きやすくなり、ニコチンの影響で毛細血管が収縮し、唇のくすみにつながることも。喫煙は百害あって一利なし、美肌を維持したい人は禁煙することをおすすめします。

 

以上、唇の老化を加速させるNG習慣をご紹介しました。これらの習慣を見直し、男性がキスしたくなるような、ぷるぷる唇をキープしてくださいね。

 

【関連記事】

今すぐやめて!ドス黒~く「唇がくすんじゃう」NG習慣4つ

「口内炎ができやすい人」がやりがちな悪習慣7つとその対処法

0円で24h潤いキープ!「歯ブラシでプルプル唇」が米セレブ流

キス5秒前!カレが萎える「ガサガサ唇」を防ぐぷるぷるケア2つ

※ 自宅でオフィスで1日10回!「下腹ぽっこり」がスッキリ凹むエクサ

 

【姉妹サイト】

※ 転職決断の前に!今の仕事を「もういちど愛する」再考ポイント3つ

※ 情報収集でみるみる貧乏に!? 今年こそ金欠生活から卒業するコツ5つ