3つのポーズで背骨ケア!腰痛も予防する「美姿勢エクササイズ」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常生活では、パソコンやスマホの操作で下を向く時間が長くなったり、炊事・洗濯などでも前かがみの姿勢になりがち。そのため、現代人は猫背の方が多いようです。背中がかなり丸まった姿勢は、肩こり・腰痛などのトラブルにつながることも。そうならないためには、若いうちから美骨対策をすることが大切です! 

今回は、パーソナルトレーナーでもある筆者が、骨のアンチエイジングとして、いつまでも若々しい背骨を保つノウハウを動画でお伝えします。

 

■つい骨と脊柱の基礎知識

つい骨とは、背中の縦のラインに並ぶボコボコとした骨の一つを指します。そしてこのつい骨が、上下に約33個連結したものが脊柱(背骨)です。つい骨とつい骨の間には、椎間板というクッションがあります。若々しい脊柱を保つためには、椎間板の新陳代謝を促すことが大切

そのために、つい骨を一つずつ動かすストレッチを行いましょう!

 

 

このエクササイズを行うと、腰痛予防や姿勢改善にも繋がります。若いうちから行うことが大切ですので、ぜひ今日から毎日の習慣にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

これ私のコト!? 体にも負担大「姿勢ブスな歩き方」4パターン

※ 2つの動きで上向きヒップ!お尻と太もも「境目くっきり」エクサ

※ 寝る前に3ポーズ!「歪み緩和ストレッチ」で美プロポーションに

※ 産後ママ必見!布団の中で行う「骨盤戻しエクサ」

※ よし小顔!口の中でクルクルするだけ「舌トレ」でむくみ解消

 

【姉妹サイト】

※ 寝る子は痩せる!「睡眠不足」があなたをブクブク太らせる理由4つ

※ どうせ自分なんて…働き女子を不幸にする「NG思考パターン」4つ