意外と短期集中!?ダイエット勝者の目標設定は「●か月で4.5㎏減」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月太りを引きずり、「ダイエットしなくちゃなぁ……」と思っている人も多いのではないでしょうか。

『ディーエイチシー』が行った「2015年のダイエットに関する意識・実態調査」によると、50%前後の成功率にとどまるという女性のダイエット。その悩みの実態に迫った本調査の結果と、ダイエット成功の秘訣についてご紹介したいと思います。

 

■女性のダイエット成功率は約50%

新しい年を迎え、決意新たにダイエットをスタートした人も多いかと思います。

『ディーエイチシー』が2015年にダイエットをしようと考えている20代~40代の女性500名を対象に行った調査によると、これまでのダイエットの成功率は、「50%以上60%未満」(24%)と回答した人が最も多く、平均値も51.3%と、女性のダイエット成功率は50%前後にとどまることが明らかとなりました。

いろいろ試行錯誤しても成功率が50%程度のダイエット。ダイエットの成功率が高い人と低い人とでは、ダイエット方法に違いがあるのでしょうか。

ダイエット成功率60%以上と回答した人たちの目標体重と期間は、「2~3ヶ月で、現状よりも-4.5キロ」に設定している人が最多で、逆に成功率40%未満と回答した人たちは「5~6ヶ月で、現状よりも-7.3キロ」に設定しており、ダイエットの成功率が高い人ほど、“短期集中型”でダイエットしていることが分かりました。

 

■ダイエットの大敵“食欲”を上手に付き合うための2つの秘訣

なかなかハードルが高いダイエット。一番つらいのはダイエット中に湧き上がる“食欲”ではないでしょうか。今回の調査でも39%の人が、「ダイエットにおける最大の敵は“食欲”」と回答しています。

では、“食欲”と上手に付き合うためには、どうすれば良いのでしょうか。ここでは、小腹が空いた時にお勧めの食べ物を2つご紹介します。

(1)ビターチョコを1かけ

食事と食事の間を6時間程度あけて、脂肪を燃焼させるのが理想と言われていますが、実際は途中でお腹が空くこともありますよね。そんな時は、我慢せずに糖分の少ないビターチョコレートを1かけ食べましょう。

チョコレートに含まれるポリフェノールには、食事前に食べると脂肪の吸収を抑え、チョコレートに含まれるテオブロミンという成分は、食欲を抑える働きもあります。この時、口が寂しいからと言ってたくさん食べてしまってはダメ。温かい紅茶などと共に楽しんでみてください。

(2)炭酸水を飲む

炭酸水を飲むと単純に胃が膨れます。こうすることで胃から来る食欲を感じにくくなります。また食事の前に飲むと、食事の量をセーブできます。小腹が空いた時には効果的です。

さらに炭酸には、代謝を良くする働きもあり、エネルギー消費が増えてダイエット効果も期待できます。この時、サイダーのような糖分を含んでいる物はNG。無糖でゼロカロリーの物を選びましょう。

 

今までなかなかダイエットが成功しなかったという人は、「1週間で-3キロ」のような無謀な目標を立てていたのではないでしょうか。

ダイエットは頑張りすぎてしまうと、かえってリバウンドの原因になります。無理な目標は立てず、今回の調査で分かった成功率の高い”2~3ヶ月で、現状よりも-4.5キロ”を一つの目安に、食欲と上手に付き合いながらダイエットに取り組んでみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 1週間で3kg減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

※ 2分で20分の有酸素運動効果!セレブが夢中「オシャレな乾布摩擦」とは

※ 便秘で体が重い人8割!朝にオススメ「便意くるくる」腹筋体操

※ いつ食べてる?美肌も便秘予防も…「美人になるりんごの食べ方」

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【姉妹サイト】

※ 仕事服にはコレ!寒~い冬でも「着膨れしない」あったかアイテム3つ

※ ダイエットの成功率「短期集中vs長期じっくり」どっちが高い?

 

【参考】

2015年のダイエットに関する意識・実態調査 – ディーエイチシー