男性がこぞってノックアウト!モテる女の「笑顔の法則」3条件

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑顔の女性が男性にモテるのは当然ですが、でも笑う度合は大笑いよりも“80%程度のスマイル”の方が良く、それに目、口など細かなパーツごとに、男性ウケのよい笑顔の条件があるんです。

アンケート調査を分析してわかった、初対面の男性でも思わず見とれてしまう、そんな笑顔の条件とは一体なんでしょうか?

 

■初対面は「くしゃっと笑顔」より「微笑み」が好印象

男女とも初対面の人と会ったときに良い印象を与えるのは、笑顔が一番です。

20~30代の男女300名に行われた調査で、魅力的に感じる笑顔の度合いを聞いたところ、男性にとって魅力的と感じるのは1位が「口角を上げ、目じりを下げた80%の笑顔」、2位が「口を開け、表情を崩した120%の笑顔」、3位が「口角を上げ、目を細めた100%の笑顔」となりました。

笑顔は好印象になることには間違いありませんが、男性から見ると、思いっきり笑った100%以上の笑顔より、品を感じさせる80%程度の微笑みにとどめておく方が、初対面のときには有効なのです。

 

■力を入れるべきメークのパーツは?

男性によく印象づけるために、笑顔のほかに気をつけるべきところは、ズバリ“口元”。

女性がメークで力を入れているところは、1位が「目(78%)」、2位が「肌(62%)」、3位が「眉(39%)」に対して、男性が女性のメークで目が行くパーツは1位が「目(91%)」、2位が「肌(39%)」、3位が「唇と口元(33%)」となりました。

男性が注目する目や肌は、女性も重点を置いてメークしていますが、唇と口元は女性が見過ごしておろそかになっている可能性が高いパーツではないでしょうか。

 

■男性のお好みリップの条件は?

そんな唇と口元のケアですが、男性がドキッとするリップメークは、断然“ほんのりグロス”。

「リップクリームでのケア(15%)」や「しっかりグロスまたは口紅を塗る(13%)」などの他の選択肢を抑えて、断トツで「ほんのりグロス(54%)」が支持されました。

何もしない唇よりも、光や角度によってツヤを少しだけ感じさせるリップが、ふと目にしたときにドキッとさせる唇になるのでしょう。

今回アンケートを実施した資生堂の化粧品専門店ブランド「ベネフィーク」の新アイテム『ベネフィーク セオティ リップグロス(スマイルオーラ)』は塗りにくい口角までしっかり届く、オリジナルのスパチュラで、口角をきゅっと上げた印象に仕上げることができるようです。

 

初めて会う男性に自分を印象づけるため、気になる彼をドキッとさせるため、グロスを使ったリップメークを今、見直してみませんか。

 

【参考】

資生堂 ベネフィーク セオティ リップグロス(スマイルオーラ)