あのモテ顔もNG!続けると「みるみるシワが刻まれる」ダメ仕草3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にでも、”よくする表情”や、“何気ないときにしている表情”があるかと思います。しかし、中には、毎日長時間続けることで深いシワにつながってしまうものもあります。

そこで今回は、続けると深いシワになりがちな女性の表情を3つご紹介します。

 

■1:口を少し開いた“ぽわん顔”

少し口を開いてぽわんとしたような表情を浮かべる……facebookやブログをはじめとしたSNSでも、このような表情の女性を見かけたことがあるという人も多いのではないでしょうか。白い歯全開の120%の笑顔より、少し不安げで可愛く見える効果もありますよね。

しかし、可愛く見えるからといって、この表情で長時間過ごすのはおすすめできません。なぜなら、口角がダランと下がったこの表情は表情筋をあまり使わないことから、毎日長時間続けると表情筋が衰退し、頬やフェイスラインのたるみ、ほうれい線ができやすくなってしまいます。

ぽわんとした表情は合コンやデートのときだけにして、普段は軽く微笑むような表情で過ごすのがおすすめ。口角がキュッと上向きになるよう意識すると、口まわりの筋肉が鍛えられます。優しい表情は、周囲の人が話しかけやすい雰囲気づくりにもつながりますよ。

 

■2:“悩み顔”“困り顔”は眉間のシワの原因に

仕事に集中しているとき、考えごとをしているとき、困ったときなど、悩み顔がクセになっている人は要注意。悩んだり、困ったりしたときの表情は眉間にシワが寄るので、続けると眉間に深いシワが刻まれてしまいます。眉間のシワは一度できると解消しづらいものです。

特に長時間のデスクワークをしている人は、無意識のうちに体全体に力が入り、表情がかたく、眉間にシワが寄りがち。30分に一度は深呼吸をして、体や顔の力を抜く習慣をつけるよう意識してみてください。

既に眉間のシワが気になっている人は、悩み顔をできるだけ避け、スキンケアでは指でシワの部分を広げて美容液やクリームを優しく塗り込むケアを取り入れるのがおすすすめ。力を入れて擦りすぎないようにしてくださいね。

 

■3:驚いたときに眉が上がる“ビックリ顔”

美レンジャー

驚いたときによくする顔を鏡でチェックしてみてください。眉を上げる表情がクセになっている人は、おでこにシワが寄りやすくなります。アニメに出てくる年配のキャラクターには、必ずと言ってよいほどおでこにシワが描かれていることからも、おでこのシワ=加齢というイメージにつながってしまいます。

人と話しているときは、意外と驚いた表情をする回数が多いもの。おでこにシワが寄らないように意識してみてください。

 

これらの表情を「よくする!」という人は、これから少し気をつけてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

気付くとしわくちゃに「目元のシワたるみ」が激増するNG習慣5つ

老けて見える原因「目のたるみ」を悪化させるNG習慣3つ

盲点…多くの女性が「首のしわ」を深くしている意外な習慣とは?

※ たった3分!老廃物を流す「ダイエット・美肌にイイ」リンパマッサージ

 

【姉妹サイト】

※ 主婦がチョコをあげたい1位は福士蒼汰!「もらえなさそう」1位は…

※ え…胃痛じゃなかったの!? 生活不規則な働き女子を襲う「胆石症」とは