元CAが断言「冬には冬用ファンデな理由」&すぐ欲しい厳選3商品

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時期最も気になるのは、お肌の乾燥ですよね。冬には保湿力の高いスキンケアに切り替えるなど、季節ごとにアイテムを買い替える人は多いと思います。では、ベースメイクのファンデーションはいかがでしょうか。ファンデーションはなかなか減らずに、気づいたら一年中同じものを使っている……なんてことはありませんか。

今回は、元CAで、現在はCA流美容コンサルタントの清水裕美子さんに冬用ファンデーションの選び方を伺い、美容業界10年の筆者が、2015年オススメする冬用ファンデを3つご紹介します。

 

■冬には冬用ファンデを使うべき理由

「CAは季節関係なくフライトで世界中を飛び回りますので、行き先の季節、温度、湿度に合わせて基礎化粧品も使い分けています。一年中どこへ行っても美肌をキープするために、適材適所の化粧品選びは欠かせません!

季節ごとに気温も湿度も変化し、それに伴ってお肌の状態ももちろん変化します。ですので、洋服と同じように化粧品も季節によって使い分けることが必要です。温度も湿度も低くなっているのに夏と同じものを使用していると、お肌の乾燥を加速させてしまう可能性があります。

冬用ファンデは、何と言っても保湿力重視。また、冬場はコンシーラーやお粉などベースメイクアイテムをたくさん重ねると乾燥崩れをした時にひび割れしやすいので、ファンデーション1本でカバーできるタイプを選ぶのもポイントです」と清水さん。

それでは、CA流美容コンサルタントの清水裕美子さんからのアドバイスを踏まえ、筆者がこの時期オススメの冬用ファンデを3つご紹介したいと思います。

 

■今年の冬オススメ! 保湿系ファンデーション3選

(1) コスメデコルテ 『イーブンパーフェクト パウダーファンデーション』

大人特有の毛穴や色ムラを均一にカバーし、自然なツヤ感・透明感を演出。肌親和性の高い“生態類似成分”で処理した粉体を配合しており、伸びがよく“つるん”としたフラットな仕上がりです。

化粧崩れしにくく、時間が経過しても付けたての仕上がり感をキープします。コンパクトの内側に小さなブラシが付属していて、化粧直しの際、ファンデーションが溜まりがちな小鼻の脇、小じわが目立つ目元などは、このブラシでなじませると簡単に均一に仕上げることができます。

(2) エスプリーク『スタンプジュレ ファンデーション』

上戸彩がCMに出演しているコーセーのエスプリーク『スタンプジュレ ファンデーション』。

プルプルとしたジュレ状のファンデーションをスポンジで取り、スポンジをお肌の上でポンポンなじませるだけで簡単にムラなく、ベースメイクが仕上がる優れモノ。“誰でもテクニック要らず”なアイテムです。小鼻や表情ジワなどが気になる部分は、薄く仕上げるのがポイント。

(3) エクスボーテ『ビジョンファンデーション ストレッチクリームパクト』

“女優肌“のキャッチコピーで有名なエクスボーテから新作ファンデーションが登場。コンパクトに収めることができ、パウダーの手軽さとリキッドのカバー力・ツヤ感を両立しているクリームタイプのファンデーションです。

ヒアルロン酸やマイクロコラーゲン、ローヤルゼリーなど78種類もの成分を配合し、63%美容クリーム成分でできていてしっかり保湿してくれます。

また、お肌への優しさを考慮し、パラベン・合成着色料・香料・アルコール・紫外線吸収剤フリーです。さっと広げるだけで気になるシミや毛穴を目立たなくさせるカバー力で、肌悩みをしっかりカバーしたい方におすすめです。

 

一年中使えるオールシーズンタイプのファンデーションも増えてきましたが、冬のお肌の乾燥が気になる方は、ファンデーション選びを見直してみる価値はありそうですね。乾燥知らずの美肌をキープするためにも、ファッションやスキンケアを季節ごとに衣替えするように、ファンデーションも季節ごとに着替えてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ 目元…華やか!「一重・二重・奥二重別」アイシャドウ基本のキ

※ さとみ・こじはる級の口元を!「うるうる唇を作る」リップグロス3選

※ 石原さとみも溺愛!もっちもちで旨み倍増「寝かせ玄米」が話題

※ 2分で20分の有酸素運動効果!セレブが夢中「オシャレな乾布摩擦」とは

※ コットンとピンだけで!「朝の前髪カール」が瞬時によみがえるテク

 

【姉妹サイト】

※ お風呂が美人の湯に変わる!「入浴剤に使える」家にあるもの5選

※ 内勤女子の強い味方!オフィスで使える「ながら美容アイテム」3つ

 

【取材協力】

※ 清水裕美子・・・CA流美容コンサルタント。All Aboutオフィシャルビューティーガイド。日本航空の国際線キャビンアテンダントとしてビジネス、ファーストクラスなどを担当。自身が敏感肌だったことから周囲のCAの美容法を観察、分析し、現在はCA流美容コンサルタントとしてセミナー、執筆活動を中心に活躍中。