ありがちな「ミネラルファンデ」の疑問にお答えします!【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナチュラルな美肌に見せるためにも、健康な肌を育むためにもおすすめの『ミネラルファンデーション』。前編につづいて、今回は使い方のポイントや注意点をお伝えしていきます!

 

Q. 基本のつけ方を教えて!

ルースパウダー状のミネラルファンデーションをつける場合の手順は、基本的に以下の通りです。

1. 基礎化粧品で肌を整えた後、化粧下地を肌にまんべんなく均一に伸ばします。下地は普段お使いのものでかまいませんが、もしも専用の下地がある場合、セットで使うと初めての人でもよりキレイにつけられます。

2. 容器のフタにパウダーを少量出します。

3. ブラシをフタの中でクルクルと回し、パウダーをブラシにしっかり含ませます。

4. 余分なパウダーを払ったら、ペンを持つようにブラシを持ち、軽いタッチで肌にのせます。顔の内側から外側に向かって、クルクルと円を描くようにしながら広げていきましょう。

 

Q. 仕上がりがムラになるのを防ぐにはどうしたらいいの?

ブラシやパフで手軽につけられるミネラルファンデーションですが、慣れないうちはムラになったりヨレたりしがち。そこで、ムラづきを防ぐポイントを3つご紹介します。

■肌をムラなく均一に整えておくこと

ベタつく部分とカサつく部分があるというように、肌のコンディションが均一でないとムラづきの原因になります。基礎化粧品や下地はまんべんなくなじませ、カサつく部分はしっかり保湿し、ベタつく部分はティッシュオフするなど、なるべく均一に整えておきましょう。

■余分な粉をしっかり払って無駄づきさせない

ブラシにパウダーを含ませた後、ブラシをすぐに肌に当てるのはNG! パウダーがボテッと大量につきすぎてムラになってしまいます。フタの縁でトン、トンと軽くたたいて余分なパウダーを落としたり、ティッシュや手の甲で余分なパウダーを払うのが鉄則です。このひと手間を惜しまないで!

■細部はアイシャドウブラシや指先でなじませる

目元や小鼻といったヨレやすい部分は、小さめのアイシャドウブラシを使って塗るとよりキレイに仕上がります。アイシャドウブラシまで使う余裕がないときは、ブラシでつけた後に指先でなじませるだけでも仕上がりが違ってくるので試してみて。

 

いかがでしたか? コツをつかむまで少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえばこっちのもの! 手早くつけられてメイクの時短に効果的なミネラルファンデーション、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ちなみにミネラルファンデーションについての質問やご意見、ご感想も募集中! もっと知りたい方はメールやコメント欄以外にfacebookTwitterから、ご連絡お待ちしています!

 

【関連記事】

※ ありがちな「ミネラルファンデ」の疑問にお答えします!【前編】

本当に一つで大丈夫?「オールインワン化粧品」のよくある質問まとめ

※ そこが知りたい!「BBクリーム」のよくある質問まとめ【前編】

※ そこが知りたい!「BBクリーム」のよくある質問まとめ【後編】